葬儀社によっては「火葬場が混雑しているので、◯日後にしか葬儀ができない」というところも。これは「自社で葬祭場を持っていない葬儀社が客を逃がさないために使う常套句」(A氏)とか(撮影/田茂井治)

写真拡大

 いつかは誰もが付き合う葬儀社。だけど、知らないことがいっぱいだし、ちょっと怖いイメージだ。葬儀社の社長に“舞台裏”を聞いた。

──近年、手ごろな価格のプランで葬儀社を紹介する“ネット葬儀社”が増えています。業界にはどのような変化が? 
A:単価が確実に下がりましたね。10年ほど前までは200万〜300万円かけてお通夜と告別式をやるのが一般的でしたが、あるネット葬儀社の調べでは最近の平均単価は120万円前後。ウチもネット葬儀社から仕事をもらってるんですけど、ここ5、6年で、1日で告別式だけやる“一日葬”や、火葬だけの“火葬式”が非常に多くなっています。単価にすると50万円未満の葬儀がほとんどですね。

C:病院と契約している業者は特に大変みたいですね。私が某都立病院の関係者に聞いた話では、2、3年前までは病院で亡くなった方の葬儀をその“病院付き”の葬儀社が行う比率は4〜5割だったそうです。ところが、今は1〜2割。「病院と契約している葬儀社は高い」という情報がメディアを通じて知れ渡ってしまったので、敬遠される遺族が増えたようです。

●契約料は2千万円

──病院と葬儀社の関係はよく耳にします。なぜ、そうした葬儀社は、高くなるのでしょう?

C:大半の病院は特定の葬儀社と契約を結んでいます。その病院で患者さんが亡くなると、病院付きの葬儀社が病室から霊安室に運び、ご遺族の方と今後について打ち合わせます。このような病院付きの葬儀社は莫大な経費がかかるため、高くなりがち。当社の近くの民間病院ですと、年間2千万〜3千万円積まないと契約できないと聞いてます。病院に泊まり込む当直の人間も置かなくてはなりません。

B:霊安室の賃料を支払うかたちの契約もありますよ。月20万〜30万円とか。その場合も、霊安室のカギをもらって、その部屋の隅に机を置いて電話線を引っ張って、と諸々かかります。

──病院にはどういう名目でお金を払うのですか?

A:病院への寄付だったり、救急車の寄贈だったりと様々。なかには病院の改装費用を出して入り込む葬儀社もある。改装現場の立て看板を見てみたら、施主が葬儀社だったっていうことはザラにあります(笑)。

B:それでも、やっぱり病院付きの葬儀社に頼むお客さんは一定層必ずいるんですよね。お世話になった院長や婦長さんに紹介されたから、むげに断るのも悪いと思ってしまう遺族もいる。

●法外なキャンセル料

A:葬儀社の人間が医者と同じ白衣を着ていることもありますね。だから本当は葬儀社の人間なのに遺族が勘違いして、「病院の方が言うなら」と言われるがまま、契約してしまうこともある。

B:ほかの患者さんの目を気にして白衣を身に着けているという面もあると思います。スーツ姿の人間が病院内でご遺体を運ぶと目立ちますので(笑)。

──契約を途中でキャンセルしてもいいわけですよね?

C:もちろん、病院付きの葬儀社に搬送してもらってからでも、キャンセルは可能です。ただ、そのときも用心が必要。法外なキャンセル料をふっかける葬儀社も少なくないですから。葬儀3日前にキャンセルして、キャンセル料を約65万円も取られた人を知ってます。花なんて前日に飾るのに「発注したから」とその分も請求されてましたよ。

B:通常ならドライアイスが1日5千円×日数分で、遺体を包むポリマーシーツが5千円、病院から安置所への搬送料が3万円程度ですから、5万〜6万円のキャンセル料が妥当なところ。

C:それにしても、病院に入り込むのに、どこも本当によく努力されてますよ。都立だと抽選で複数の葬儀社との契約を決めるので、実態は同じなのに異なる葬儀社名で抽選に申し込むのが常套手段。「アエラ葬祭」が「AERAセレモニー」というグループ会社をつくって抽選に申し込んで、確率を上げようとする。

B:でも正直、お役所の営業に比べたら、病院なんて楽なものだと思いますよ。私が以前勤めていた葬儀社は、生活保護受給者の葬儀が9割を占めていたんです。そのような方たちが亡くなった場合は、自治体から20万6千円の葬祭扶助が出るから、契約上は遺族の依頼を受けて葬儀を行うにしても、事実上、役所から受注することが多いんです。ただ文字通りお役所仕事だから、営業に行っても新規の業者は入り込めない。かといって、顔を出し続けないと仕事がもらえない。当時は、ある役所の依頼でご遺体を引き取りにいったら、遺体をのせた寝台車であちこち役所に顔を出すということを繰り返していました。そうやって3年間顔を出し続けて、1件しか仕事をくれなかった役所もあります……。

C:まさか、役所の駐車場に遺体がのった寝台車が止まっているとは誰も思っていなかったでしょうね(笑)。

A:似たような話で、遺体を預かる民間の安置の専門会社が、トラックに遺体を安置していて騒ぎになったことがありましたね。都内ですと、斎場を持たず、マンションの一室で葬祭業を行っている小さな会社も少なくない。そういう会社は公営の斎場や火葬場を利用して葬儀を行うのですが、安置所がいっぱいだと、民間の専門会社を利用せざるを得ない。けど、その専門会社もマンションの一室でやったりしているので、トラブルも起こるんですよね。

●葬儀を斡旋する坊さん

A:葬儀業界にはまだまだ悪いヤツがいっぱいいますよ。私は、初対面のお寺のお坊さんから、「金持ちの檀家を紹介するからキックバックしてくれ」と、接待されたこともあります。待ち合わせは帝国ホテルのバーで、なぜか銀座のクラブ嬢らしき女性も一緒でした(笑)。そこで一杯飲んだ後、銀座のてんぷら屋で食事して、クラブに行くというフルコース。銀座では、道行く人が「先生、先生」と頭を下げるんで、ビックリしました。不愉快な態度を取られたので、付き合いはそれっきりですけど。

C:町内会長が亡くなった町内会員に対して、特定の葬儀社を紹介して、キックバックをもらうという話もあります。その癒着ぶりを目の当たりにした町内会の関係者が「会長に知られないように葬儀をやってほしい」とウチに駆け込んできたこともある(笑)。

A:あとは、“ネット葬儀社”にも評判の悪いところはありますね……。その典型は、某流通グループのネット葬儀社。彼らはお客さんの要望に合わせて葬儀社を紹介する仲介業的ポジションなのに、なまじブランド力があるから、我々を下請けのように使おうとする。紹介先の葬儀社はランク付けされていて、「A」から優先的にお客さんを紹介してもらえるんですけど、これは数万円を払って講習を受ければ簡単にランクが上がります。各葬儀社にはそれぞれの仕入れルートがあるのに、そのネット葬儀社は自社で仕入れた棺などを、提携先に購入させるかたちで、業者から搾り取ろうとする。私はあまりにも腹が立ったんで仕事をするのを辞めました。

●家族葬の落とし穴

──結局、あくどい葬儀社に騙されないようにするには、どうしたらいいのでしょうか?

C:今は事前相談が一般的になっているので、亡くなる前に複数の葬儀社に相談に行ってみるのがいいでしょうね。見積もりを断ってくるようならば、悪質な業者。相見積もりを取られて、他社と比較されるとボロが出ると考えているのがみえみえです。

A:流行の「家族葬」だと、金額を抑えられると思っているお客さんが多いですね。お客さんとしては、ぼったくられないように予防線を張っているつもりなんでしょうけど、実際には「家族葬○○万円」と謳っていても、斎場費用が含まれていないことが多い。個人経営の葬儀社ですと、依頼に応じて公営の斎場を押さえるので別建てにしているんです。さらに、通常なら安置する日にちを考えると、最低でも3日分のドライアイスが必要なのに、最低限のセットプランでは1日分しか含まれていなかったりする。加えて、多いのがそのセットプランに戒名料やお布施が含まれていると勘違いしてしまうケース。そうした積み重ねで、5、6人の小規模葬儀にもかかわらず、100万円以上請求してくる葬儀社はまだまだある。言葉に踊らされず、見積もりの項目を細かくチェックすることが重要ですね。

(構成/ジャーナリスト・田茂井治)

AERA 2016年8月15日号