週に3.5時間以上の「読書」が、寿命を2年伸ばす(米・研究結果)

写真拡大

「寿命」に関する話題は日々上がりますが、今のトレンドはなんと「読書」らしいです。「たくさん本を読む人は、まったく読まない人にくらべて長生きしやすい」という、本好きの人にとってはなんとも嬉しい研究結果が発表されました。

自分磨きや趣味としても楽しい「読書」が長生きに効果的なんて…と思う人もいるかもしれませんが、New York Timesで発表された「Social Science & Medicine」の調査結果を紹介しましょう。

たくさん読書をする人は
2年も寿命が長い!?

研究者たちは、3,635人の50歳以上の人を対象に、読書の習慣についてアンケートを行いました。まったく読書をしないグループ、週に3.5時間まで読書をするグループ、3.5時間以上読書をするグループの、3つに分けて分析。

その結果、週に3.5時間まで読書をするグループは、向こう12年で17%ほど死亡リスクが低いということが明らかになり、さらに3.5時間以上読むグループは23%も高い数値に。

これは、まったく読書をしない人にくらべて2年ほど長生きするということになるのだとか。

「1日30分」の読書が
延命効果に

この研究の上席著者である、米・イェール大学のベッカ・B・レヴィ教授によると「1日30分の読書をしている人は、読書をしない人にくらべて大幅に延命効果を持っている」とのこと。30分×7日間で3.5時間。この効果は、統計学的に見ても有意性があるとされているとか。

読書をすることで多くの知識を身につけたり、物語に触れることがストレス解消になったりと、その効果には様々なものが期待されます。まずは習慣づくりから始めてみるのがいいかも。

Licensed material used with permission by Elite Daily