新型ミサイル護衛艦「淮安」の就役式典が午前10時に浙江省舟山の某軍港で行なわれた。「淮安」は海軍東海艦隊に正式に就役した。

写真拡大

新型ミサイル護衛艦「淮安」の就役式典が午前10時に浙江省舟山の某軍港で行なわれた。「淮安」は海軍東海艦隊に正式に就役した。中国海軍網が伝えた。

【その他の写真】

「淮安」は中国が独自設計した新型ミサイル護衛艦で、総合作戦能力が高く、「海上の軽騎兵」と呼ばれる。式典では東海艦隊某水警区の羅仙林司令官が艦名とペナント・ナンバーを発表。東海艦隊の支天龍副司令官が軍旗、海軍軍旗、命名証書を授与した。(提供/人民網日本語版・編集NA)