11日、中国の女優チャン・ツィイーが、第一子出産後の初仕事となったハリウッド映画のクランクアップを発表した。写真はチャン・ツィイー。

写真拡大

2016年8月11日、中国の女優チャン・ツィイー(章子怡)が、第一子出産後の初仕事となったハリウッド映画のクランクアップを発表した。鳳凰網が伝えた。

【その他の写真】

今年5月、著名プロデューサーのJ・J・エイブラムスが手掛けるSFスリラー映画「God Particle」への出演が明らかになっていたが、今月11日に中国版ツイッターを更新し、クランクアップしたことを発表。共演した俳優ダニエル・ブリュール、女優エリザベス・デビッキらとの打ち上げ写真を投稿した。また、ダニエル・ブリュールからは、手書きのカードを贈られたことも明かしている。

チャン・ツィイーは昨年12月27日に第一子長女を出産。「God Particle」は出産後の記念すべき第一作目で、それだけに思い出深い作品になったようだ。娘を連れて撮影に臨んでおり、「仕事しながら育児、楽しいながらも大変だった。でもすごく充実していた」と書き記している。

「God Particle」はチャン・ツィイーにとって、09年の「ホースメン」以来7年ぶりのハリウッド映画。来年2月24日から全米公開される。さらに次の出演作もハリウッド映画となり、ジェイソン・ウィナー監督のラブコメディー映画「East/West」で、主演兼プロデューサーを務める。(翻訳・編集/Mathilda)