ダイエットをしても「太ってしまう人」のNG習慣4つ

写真拡大

一年中ダイエットのことばかり考えているのに、いっこうに痩せる気配がない、という人いますよね。

「〇〇だけ食べるダイエット」「糖質抜きダイエット」など、巷にはいろいろなダイエット方法が溢れています。実際にそれで綺麗に痩せる人もいるのに、なぜ自分は痩せないと思いますか?

それは、ダイエット方法に問題があるのではなく、それ以外の普段の生活習慣自体に問題があることが多いのです!

そこで今回は『WooRis』の過去記事と海外情報サイト『Women’s Health』を参考に、“何をやっても太ってしまう人のNG習慣”4つをご紹介します。

 

■NG1:睡眠不足

睡眠不足は集中力が欠けたり、肌の調子が悪くなるだけでなく翌日の食欲にも影響してきます。

寝不足の翌日は、食欲旺盛になりついつい食べ過ぎてしまうのです。眠さのあまり理性が働かなくなってひたすら食べ続けてしまった経験はありませんか?

睡眠不足は暴飲暴食の原因ナンバー1。そうならないためにも、毎日の睡眠時間はなんとしてでも確保しましょう。

 

■NG2:買いだめ癖

特売だったからとか、また買い物へ行くのは面倒だからという理由でたくさんおやつをストックしていませんか?

そうなると、どんなに我慢しようと思ってもついつい手が出てしまいます。おやつを食べ過ぎない一番の方法は家に置いておかないことです。

もしくは、お得パックではなく一回食べきりサイズのものにしましょう。

 

■NG3:無脂肪食品をよく食べる

脂肪はダイエットの敵だと思われがちですが、脂肪は満腹感を得るために必要なもので、極端に脂肪を減らすことは逆に過食を招いてしまいます。

また、よくある無脂肪の牛乳は、脂溶性のビタミンAやD、カルシウムの吸収を阻害してしまうので要注意です。

健康的に痩せるためには、無脂肪食品に偏ることなく良質な脂質を取り入れるようにしましょう。

 

■NG4:暴飲する

お酒を飲みすぎて酔っ払うと、自制が効かなくなって無駄にたくさん食べてしまいます。

そうでなくても、お酒を飲みながらだとダラダラと食事を続けたり、いつまでもおつまみを口に入れたりしてしまいますよね。

そうならないためにも、まずは酔いが直ぐに回らないよう空腹時にお酒を飲まない、自分のペースでゆっくり飲むように心がけましょう。

 

以上、“何をやっても太ってしまう人のNG習慣”4つをご紹介しましたがいかがだったでしょうか? 私は太る体質だと言っている限り、いつまでたっても痩せることはできません。太るにはそれなりの理由があるのです。

これらの習慣に身に覚えのある人は、まずはこの習慣を見直すことで痩せることができるでしょう。まだまだ夏は続きます、ぜひこの夏の間に綺麗に痩せて水着を新調しませんか?

(ライター 吉田和充)

 

【関連記事】

※ グラノーラはコンビニおにぎりと一緒!?「ダイエットに失敗する」食品4つ

※ コーヒーダイエットはホットorアイスどっちが良い?効果的なポイント5つ

※ 寝不足はドカ食いの原因?気づかずやってるダイエットNG習慣3つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ ウソ、痛くない!? 日本初「通い放題」の脱毛サロンが話題

※ 紫外線対策が簡単すぎる!飲む美白ケアが凄い

※ 乳首の黒ずみがみるみるキレイ!? あの美容外科が監修したクリームで愛され美乳に

 

【姉妹サイト】

※ 日焼け止めだけじゃダメ!紫外線からシミ・シワを防ぐ「食事のコツ」3選

※ え…5分の入浴で!? どんなにズボラでも絶対続く「痩せる習慣」3つ

 

【参考】

※ 6 Things You’ll Have to Give Up if You Want to Lose Weight FOR GOOD - Women’s Health

 

【画像】

※ Morganka / Shutterstock