お部屋がグッとおしゃれになる♪愛らしいデザインの花器「ラビットフラワーベース」

写真拡大

部屋にお花を飾るとき、花器(フラワーベース)によっても雰囲気が変わりますよね。今回は、飾るだけでお部屋がグッとおしゃれになる、キュートなフラワーベースをご紹介します。

コロンとしたカタチが愛らしい、うさぎ型フラワーベース

「ラビットフラワーベース」は、人気陶芸作家・鹿児島睦さんデザインによる、ウサギ型の花器。

耳の部分に花を挿すというユニークなかたちは、鹿児島さんならでは。毎日、どんなお花を飾ろうか、考えるのが楽しくなりそう。

もしお花を切らしてしまった場合は、インテリアとしてそのまま飾ってみてください。置くだけで絵になる可愛さですよ♪

丈夫で日常使いにぴったりな、長崎県・波佐見焼き

「ラビットフラワーベース」は長崎県波佐見町の「波佐見焼」で型を使って製造されています。「波佐見焼」は400年以上の歴史を持つ、焼きもの。丈夫で、実用性に優れたアイテムを量産しています。

そんな「波佐見焼」のよいところを活かした「ラビットフラワーベース」は、片手におさまるサイズ感なので、掃除も移動もスムーズ。まさに、ふだん使いにぴったりな花器といえるのではないでしょうか?

カラーバリエは3色。お気に入りをみつけて

すっきりとした印象を与える「白」、キュートな「ピンク」、大人っぽい雰囲気の「ブラウン」、それぞれ魅力的な「ラビットフラワーベース」。お家のインテリアに合わせて選んでみてくださいね。

ことりっぷの最新記事