“盲腸”の診断も決勝ラウンド進出(撮影:米山聡明)

写真拡大

<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 2日目◇13日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(6,614ヤード ・パー72)>
 軽井沢72ゴルフ 北コースを舞台に開催されている「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」2日目。主催のNECに所属する原江里菜は昨日2オーバーと出遅れたが、今日は4バーディ・ノーボギーの“66”でラウンド。34位に浮上し「(最低目標をクリアできて)良かった」決勝ラウンドに進出に安堵の表情を浮かべた。
【関連】光里、さくら、琴音らのプレーはLIVEフォトでチェック!
 原は11日(木)に行われたプロアマを体調不良のため棄権、直行した病院で虫垂炎、いわゆる“盲腸”の診断を受けていた。だが、「思い入れのある大会。どうしても出たい」と出場を決断。スタート前に病院で炎症を散らす処置を行い、食事はおかゆだけと苦しい状態の中で好プレーを見せた。
 「明日もやれることを精一杯やりたいです」。今大会のポスターに大きく描かれているのは「NEVER GIVE UP」の文字。その言葉通り、病気を患っても決して諦めずに3日目に駒を進めた原江里菜。優勝は厳しいが、大会スピリッツを体現する姿はまさに“ホステスプロ”だ。
【2日目の順位】
1位T:李知姫(-8)
1位T:吉田弓美子(-8)
1位T:上原彩子(-8)
1位T:佐伯三貴(-8)
1位T:全美貞(-8)
6位T:堀琴音(-7)
6位T:イ・ナリ(-7)
6位T:永井花奈(-7)
6位T:笠りつ子(-7)
6位T:青木瀬令奈(-7)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【女子プロ徹底調査第1回】日焼け対策ってどうしてる?
首位タイ浮上の佐伯三貴“愛するカープ”よりも「先に勝ちたい!」
キム・ハヌルの記録達成を生んだ“2年ぶり”にバッグインしたクラブとは?
リオデジャネイロ五輪 特設ページ【ALBA.Net】