史上初となる同一年3回目のホールインワンを達成したキム・ハヌル(撮影:米山聡明)

写真拡大

<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 2日目◇13日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(6,614ヤード ・パー72)>
 「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」2日目に史上初となる同一年3回目のホールインワンを達成したキム・ハヌル(韓国)が喜びを語った。
【関連】光里、さくら、琴音らのプレーはLIVEフォトでチェック!
 達成したのは12番。173ヤードの距離で5番アイアンを振りぬいた。「5ヤードくらい手前に着弾したのが見えて、歓声が上がったので“寄ったのかな〜”くらいに思ってティを抜いたら“わ〜っ”歓声が上がって…自分としては“つけたかな”くらいだったのでまさか入るとは思いませんでした」。
 5番アイアンを試合で使うのは2年ぶりだった。普段の練習時にはバッグに入れているが「TOUR WORLD TW727V アイアン」のNo.5はいつも試合では抜かれていた。
 「いつもは25度のユーティリティを使っています。だけど、このコースの距離にすごく合っていたし、“バーディを獲らないと”と思って今日は入れました。今日のピン位置は難しくていつもならピンのある右ではなく真ん中を狙っていたと思います。でも今日は予選落ちの可能性もあったからピンを攻めないと、とデッドに行きました。それが良かったと思いますね」。
 記録達成に「とても光栄です」と笑顔を見せたハヌル。だが3回達成しても「自分でも不思議なんです」と“ホールインワンの秘訣”は見つかっていないという。
 ハヌルは1アンダー38位で決勝ラウンド進出。もし出ていなければ予選落ちとなっていただけに、そういった意味でも値千金のエースとなった。
【2日目の順位】
1位T:李知姫(-8)
1位T:吉田弓美子(-8)
1位T:上原彩子(-8)
1位T:佐伯三貴(-8)
1位T:全美貞(-8)
6位T:堀琴音(-7)
6位T:イ・ナリ(-7)
6位T:永井花奈(-7)
6位T:笠りつ子(-7)
6位T:青木瀬令奈(-7)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【女子プロ徹底調査第1回】日焼け対策ってどうしてる?
首位タイ浮上の佐伯三貴“愛するカープ”よりも「先に勝ちたい!」
契約プロもいずれ実戦投入?TOURWORLDブランド初パター『TW-PT』
リオデジャネイロ五輪 特設ページ【ALBA.Net】