ショットが曲がる…藤田の対処法は?(撮影:米山聡明)

写真拡大

<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 2日目◇13日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(6,614ヤード ・パー72)>
 「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」2日目に“66”を叩きだしトータル6アンダーの11位に浮上した藤田光里。「調子が悪いなかでこのスコアは90点あげても良い」と苦しみながらも上位に進出した。
【関連】光里、さくら、琴音らのプレーはLIVEフォトでチェック!
 好プレーを支えたのは「悪いことを受け入れること」。これまで、ラウンド中に曲がってしまうショットを修正しようと試みて、悪循環に陥っていた。そして先週地元・北海道で開催された「meijiカップ」で最悪の状態となり、「これよりも下はないだろう。むしろこの状態でどうやってパーをセーブできるかを考えるようにしよう」。
 そこで今週は今の悪い癖である“つかまり過ぎること”を想定したマネジメントをすることに。「これなら左に出ても大丈夫。プッシュが出たらしょうがない」と迷いを断ち切り、いつもよりもターゲットを右に置いてプレーした。結果、「今日はしっかりとパーオンできた」と7バーディを奪う猛チャージにつながった。
 「こういう状態でもスコアを出せるんだ、というのが収穫」と藤田。変に直そうとして左右にミスが出るよりも悪い状態を考慮したプレーするほうが良いこともある。アマチュアのみなさん、ラウンド中にありのままを受け入れるのもスコアアップの1つの手ですよ。
【2日目の順位】
1位T:李知姫(-8)
1位T:吉田弓美子(-8)
1位T:上原彩子(-8)
1位T:佐伯三貴(-8)
1位T:全美貞(-8)
6位T:堀琴音(-7)
6位T:イ・ナリ(-7)
6位T:永井花奈(-7)
6位T:笠りつ子(-7)
6位T:青木瀬令奈(-7)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【女子プロ徹底調査第1回】日焼け対策ってどうしてる?
首位タイ浮上の佐伯三貴“愛するカープ”よりも「先に勝ちたい!」
渡邉彩香、首位から29位後退に「全部が悪かったということ」
リオデジャネイロ五輪 特設ページ【ALBA.Net】