今年6月16日にオープンした上海ディズニーリゾートの管理会社によると、同園の来園者が延べ100万人を突破したことが明らかになった。

写真拡大

今年6月16日にオープンした上海ディズニーリゾートの管理会社が11日メディアに発表した、ウォルトディズニーのロバート・アイガー会長との最新談話によると同園の来園者が延べ100万人を突破したことが明らかになった。人民日報海外版が報じた。

米国現地時間の8月9日、ウォルト・ディズニーは、2016年第3四半期の財務諸表を公開した。アイガー会長は、将来的に重要な投資である上海ディズニーリゾートは盛大な開幕を迎え、巨大で、そして全面的な成功を手にしたとコメントした。7000万を超える中国人がその盛大なオープニングセレモニーをテレビやインターネットの生放送で見届けた。

また6月16日の正式オープン以来、延べ100万人を超える来園者を迎えた上海ディズニーリゾートについて、アイガー会長は来園者たちの反応こそが我々が欲しているものであり、それは予測を超えるものだったと明らかにする一方で、「現在、すでにリゾート拡張に向けた最初の工事に取り掛かっている。同園には新たなパーク施設や景観スポット、リゾートホテルやその他のプロジェクトに使用するのに十分な敷地が存在する」と語った。(提供/人民網日本語版・編集TK)