バランスのとれた食事は大切だが…(写真はイメージ)

写真拡大

【主治医が見つかる診療所】(テレビ東京)2016年8月6日放送
「予習復習スペシャル 芸能人!人間ドックSP第15弾」

タレント・川粼麻世、53歳。今もテレビや舞台、イベント出演に精を出している。体が資本なだけに、食事には人一倍気を使い、日々の運動も怠らない。

健康に関する知識も多く、見た目もスリムな川粼だが、番組の「主治医」たちは、命を脅かす事態が迫っていると宣告した。

「1日のごほうび」と連夜の飲酒

川粼は現在、ひとり暮らし。妻でタレントのカイヤとは長い間別居状態が続いている。だが食事には困っていない。実は料理が得意で、ほぼ自炊していると話す。

番組が、川粼の1日の暮らしに密着した。朝食はアジの塩焼きに大根おろし、サラダ、メカブ納豆、みそ汁、ヨーグルトにブルーベリーと多彩かつヘルシーなメニュー。「最初に野菜を食べて血糖値の上昇を緩やかにする」と、健康知識も豊富。ランチは車中でサラダにヨーグルトと軽めに済ませた。

運動も欠かさない。独自に考案した体操に加えて、ジョギングを週4回。番組密着の日は10キロを走った。

そして夜。向かった先は行きつけの居酒屋だ。知人と一緒に食事をとりながら1杯楽しむのだが、実は川粼は大の酒好き。ほぼ毎日飲酒していると話す。

川粼「僕より(酒が)強い人を見たことないくらい、強い」

店には、中ジョッキの倍の大きさの特製「メガジョッキ」が、川粼のために用意されている。これで焼酎をグイグイ。飲み始めて2時間で一升瓶が空になり「もう一升」と注文した。

栄養面には気を使っていた。例えば焼酎にはレモンやシークワーサーの果汁を入れた。「ビタミンCを補給できる」という独自理論だ。高カロリーのおつまみを避けて、食べ物は野菜中心にした。だが、酒量は並ではない。最終的には、中ジョッキ換算で14杯の酒を飲み干した。

川粼にとって、夜の飲酒は1日のごほうびだという。そのためにも、朝や昼の食事にはこだわり、運動も続けている。舞台俳優なので、休演するわけにはいかないと仕事へのプロ意識も高い。

だが残念ながら、体は確実に悲鳴を上げていた。

血管修復するホルモンの値が低すぎる

番組の医師たちが川粼に下した診断は、「老化し過ぎの血管」。血管の硬さから「血管年齢」を測定すると、実年齢の53歳に対して「80歳」となった。

川粼「本当に...?」

血液検査でも、14項目で問題ありとなった。たとえば中性脂肪。基準値は150mg/dL未満だが、川粼の場合は174mg/dLと大きくオーバーした。痛風を引き起こす尿酸値も、基準値7.0mg/dL以下のところを7.3mg/dL、コレステロールの「LH比」では、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが急増する値に届いてしまった。

さらにもうひとつ、重大な問題が見つかった。傷ついた血管を修復して血管の病気を予防するはたらきをもつ「アディポネクチン」というホルモンの数値だ。「長寿ホルモン」と呼ばれるアディポネクチンだが、男性の平均値どころか糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞のリスクが約3倍になる「レッドゾーン」の値まで下がっていたのだ。血管ボロボロなうえ、修復してくれるホルモンが少ないということになる。

実際に検査では、川粼の心臓の血管に異常が発覚した。冠動脈の一部が石灰化していたのだ。これは動脈硬化の最終段階だという。幸い、血管の狭窄率はカテーテル治療が必要とされる75%には達していなかったが、医師によると、石灰化が進んでいるとCT検査結果が正しく出ない場合があるので油断禁物だという。胸の痛みのような症状が表れたら、要注意だ。

アディポネクチンの値がこれほど低いのは、川粼に体質的な問題があるのかもしれない。いずれにしろ、アルコールはほどほどにしないと命がアブナイのは確かだ。