■連載/おおしまりえの女ゴコロ研究所

元カレ!今カレ!好きな人!女子会で1番餌食にされやすいのは誰だ?

「女子会」。それは男性にとって、とても恐ろしい場所かもしれません。生々しい悪口、愚痴、エロトークが繰り広げられ、ひとたび耳にした男性は、その晩、えも言われぬ暗い気持ちになるといわれています。なーんて言いすぎましたが、女子会のトークの主なテーマはやはり恋愛。それも、元カレ、今カレ、好きなカレの、相談から愚痴から悪口です。

男性としては、どんな話題や立場であれ、“酒のツマミ”にされるのはうれしくはないと思います。しかし、男なら誰しも通る道なのです。それに、女性の話題にも脳裏にも、一瞬たりとも浮かばない男性というのも、それはそれで寂しいですよね。「……はい」と思ったあなたのために、今回女子会の恐ろしさを具体的に分析していきます。

題して、元カレ、今カレ、好きなカレが、どんな話題とどんな頻度で酒のツマミにされるのか!さあ、女子会というパンドラの箱を、一緒に開けてみましょう。

■現状分析をされる「今好きなカレ」

まずは今好きなカレをはじめとした、現在進行形で関係が進んでいる男性について。彼らがどんな風に酒のツマミにされているのか、解説したいと思います。

「あの人、気になるな…」と、女性から想われていた場合、恐ろしくもどんなビジュアルでどんな職業で、どんな振る舞いをする人なのか。その女子会で事細かに報告されている可能性が高いと思ってください。

その際、「いいなと思うんだけど顔がイマイチ」「安定感はあるんだけど面白くない」など、面と向かって言われたら凹むであろう、リアルな評価がなされる事もしばしば。

こちらはまだ褒めポイントがあるからいいのですが、「デートしてみたけど最悪だった男性」の場合、何がどう最悪だったのかが事細かにプレゼンされた後、「どう思う?」「それ最悪だよ!」という一致団結の徒党が組まれ(本心では言い出しっぺの女性に、他の女性が同意しているかは定かではない)、血祭りにあげられている事は覚悟したほうがいいでしょう。

■今の態度を細かく報告される「今カレ」

現在お付き合い中の彼氏については、それはそれは聞かれたら女性陣も困る話しか出ません。年頃の女性の場合は、今カレの現状報告が事細かに語られたのち、高確率で「結婚」という軸での現状分析が入ります。

「今のカレと結婚はしたいのか?」「今のカレは結婚向きか?」「今のカレに結婚の意思があるか?」もはや恋愛相談ではなく“結婚戦略会議”です。ひとしきり「今カレと結婚」というテーマで、答えのない討論がなされた後は「結婚した場合の仕事と出産」「親の介護」「貯金状況(具体的な数字は出ない)」など、話題はリアルなテーマへと移行します。

その場合「今カレ」の登場頻度はほぼなし。つまり、今の彼氏という存在は女子会において、将来の悩みを話し合う着火剤になることが多いようです。

元カレ!今カレ!好きな人!女子会で1番餌食にされやすいのは誰だ?

■主に悪口と後悔の対象「元カレ」

最後は別れた後も言われ続ける不憫な存在「元カレ」について。実は元カレが、話題の中心に出てくるときのパターンは限られています。

1:今の彼氏や今の恋愛がうまくいっていない場合の現実逃避

最初は元カレ冥利につきる登場の仕方です。女性が今付き合っている彼氏とうまくいっていない場合、「あーなんか元カレの方がいい男だったな」というように、膨れ上がった昔の思い出を懐かしむために、あなたの名前は出されます。

また何年も恋愛していない女性の場合「あの時、元カレとちゃんと結婚しておけばよかった」というような出され方もされます。このような用い方は、男性もよくやる事かもしれません。

しかし残念ながら、多くの女性が「あいつ、結構いい男だったな」と口には出しつつも、現実的に「じゃあもう1回彼に連絡を取ってみよう」と行動に起こした事例を見た事がありません。

女子会において元カレとは、その場を一瞬盛り上げるだけの存在。つまり、刺身に添えられた菊のような存在なのです。

2:友達が恋愛で苦戦しているとき、励ますためにディスる

続いての登場方法は、凹んだ友達を励ます題材としての用いられ方です。

例えばある女子が今の彼氏からひどい事をされたり、喧嘩中だったりした場合、同席女子は励まそうと元カレをディスりまくって、盛り上げようとします。

「今の彼氏が全然連絡マメに返さないんだよね」「ひどい!私の元カレもひどかった事ある。「忙しくって返せない」っていうけどさ、お前の仕事は1分1秒争うくらい重要な仕事じゃねーだろって感じだよね!本当その彼氏ひどいよ」というような感じです。

このくらいの内容ならまだいいですが、「彼とのセックスの悩み」などになると、元カレへのディスりはかなり過激です(笑)。「早い、下手、自分勝手」それはそれは恐ろしい女子トークへと発展していきますので、ご注意ください。

女子会は怖いらしい。と男性たちの間でまことしやかに囁かれておりますが、今回の話、やっぱり恐ろしかったですか?

まずは現在恋人がいる男性は、彼女の女友達間で、あなたの対策がしっかりと練られている事を、肝に命じておいた方がいいかもしれません。

★今日のルール
女子会は 怖くはないけど 男はツマミ

文/おおしまりえ

雑食系恋愛ジャーナリスト。水商売やプロ雀士などを経験し、のべ1万人の男性を接客。鋭い観察眼と男女の特性を踏まえたコミュニケーション術を研究。ブログ(http://oshimarie.com

■連載/おおしまりえの女ゴコロ研究所