【疑問】アメ車が日本で成功しない理由とは?

写真拡大 (全8枚)

日本をよく知るCEOがフォードの撤退を決断

残念ながら2016年内でフォードが日本を撤退する。かつてフォード資本下にあったマツダで社長を務め、現フォードCEOのマーク・フィールズ氏が下した決断であるとすれば、そこにはリアルを知っているトップの判断として「これ以上、日本市場に将来性を見出せない」ということだと捉えられる。

つまり日本を知っている社長をもってして、「アメ車が日本で売れない」と考えたというわけだ。では、アメ車が売れない理由は何だろうか。「大きい、重い、燃費が悪い」といったアメ車のイメージが根強いという意見も見かけるが、根本的には「アメリカ市場向けに開発されたモデルは日本市場でウケない」というのが正解に近いのではないだろうか。

じつは国産メーカーにしても、アメリカで売れているモデル(すなわち北米市場にフィットした製品)は、驚くほど日本での販売規模は小さい。具体的にはトヨタ・カムリやホンダ・アコードが挙げられる。いずれも日本でウケるハイブリッドという要素を満たしているにも関わらず、彼の地のような大ヒットにはつながっていない。

さらにいえば、北米で存在感を増しているスバルにしても、レガシィを北米向けに進化させた影響もあり、国内の中心はレヴォーグやインプレッサにシフトしている。

「アメ車」がハードウェアとして劣っているわけではない。北米市場にターゲットを当てたモデルが、なぜか日本でウケないという風に考えたほうが、実情が理解しやすい。

もうひとつ例をあげれば、フォルクスワーゲンにしても、アメリカでの販売の中心はゴルフではなくジェッタ・セダンとなっている。現実として北米は日欧とは異なる市場となっているのだ。

技術的な問題ではなく北米市場向けに企画された商品がウケない

もちろん、そうしたテイストを好むユーザー層は日本においても一定数存在している。しかし、現在のアメ車と呼ばれるカテゴリーのモデルが、アメリカンテイストである限り市場を広げることは難しいだろう。では、日本向けにクルマを開発するとなると、現状の規模ではやはり難しい。

卵が先か、鶏が先か論ではないが、こうした状況から日本におけるアメ車の販売は広がらないと考えられる。

ただし、ジープのような世界観を持つブランドは、アメ車でありながら異なる立ち位置にあり、日本での販売も好調だ。日本市場においては、アメリカ生まれのクルマが売れないのではなく、アメリカ向けであることが色濃く感じられるクルマがウケないのだ。ハードウェアとしての違いもあるかもしれないが、数字を見ると、輸入車のなかでは圧倒的に欧州向けに作られたドイツ車が売れている状況といえる。

その意味では、欧州仕立てのラインアップをもつフォードには可能性があったが、アメリカ向けと欧州向けの製品を、同じブランドで、同列に扱ったことでブランディングしきれなかったのは残念だ。

そこにリソースを分散することが難しいという予算的な制限があったことは容易に想像されるが、1980年代にフォード・シエラが日本のレースを席捲した時代に、欧州発のブランドとしてイメージを確立していれば、異なる展開になっていた「かも」しれない。

(文:山本晋也)