ナイキの「ものすごく軽くてありえないほど高い」サングラス

写真拡大

ナイキはリオオリンピックに出場するアスリートたちのために、どこまでも「着け心地」を考えてサングラスをデザインした。顔を包み込むような形状に、26gという軽さ。その快適さと、決して外れることのないという安心感の値段は1,200ドルだ。

SLIDE SHOW 「ナイキの「ものすごく軽くてありえないほど高い」サングラス」の写真・リンク付きの記事はこちら
02-nikeglasses1-1024x768

2/3IMAGE COURTESY OF NIKE

03-nikeglasses3-1024x768

3/3IMAGE COURTESY OF NIKE

Prev Next

一流のランナーでも、付け心地の悪いサングラス、といった些細なことで、「可能な限り速く走る」という目の前にある課題に集中できなくなることがある。サングラスを使わなければ、まぶしさのために目を細めることになり、それによって肩が凝り、エネルギーを消耗する。一方で、サングラスをかけるには、快適さや重さ、空気抵抗などを考慮する必要がある。

ナイキは2016年のオリンピックのために、VSP Global社のデザイナーやカール・ツァイスの光学専門家たちと協力して、通常のものとは機能も外観も異なるサングラスをつくり上げた。

「かける」のではなく、「包み込む」

Wing」と名付けられたサングラスシリーズの注目すべき点は、「何がなくなったか」にある。

サングラスの部品の定番である蝶番やテンプル(つる)、モダン(テンプルの先に付いているプラスティックの耳当て)がなくなったのだ。あるのは、「新スタートレック」のジョーディ・ラ=フォージ少佐が着けているヴァイザーのような、テンプル部分まで伸びる1枚のレンズだ。

一体化されたレンズがシリコンゴム製のストラップにつながっていて、頭を一周してフィットする。重さはわずか26g。顔にかける、というよりは頭を包み込んでくれるサングラスが誕生した。

この「包み込む」ということが重要なのだ。Wingシリーズでは、頭を取り巻く複数の接触点により、ブリッジの重さが鼻にかかったり、耳の後ろに圧力を感じたりすることがない。シリコンゴム製ストラップは、物理的だけでなく精神的にも安心感を与えてくれる。

「このストラップを頭に着けることによって、何があってもサングラスが顔から落ちることはないと確信できます」と、VSP Global社でイノヴェイションリーダーを務めるレスリー・ミュラーは言う。この安心感により、アスリートたちはリラックスできる。装着しているもののわずかな動きを気にする必要がなくなり、それによって消耗しかねないエネルギーを存分に使うことができるのだ。

サングラスの流体力学

デザイナーたちは、カリフォルニア州立大学サクラメント校にある風洞施設でサングラスのテストを行い、ストラップやテンプルの問題を特定した。ストラップの初期の試作品では材料を使いすぎていた。ナイキのアイウェアデザイナーを率いるマーサ・ムーアは、「(初期のデザインでは)頭の後ろで乱流が起きていました」と語る。

無駄をなくした硬めのストラップの方が、頭の後ろをしっかりと支えた。さらに初期のテストによって、フレームの下を流れる空気がテンプルに溜まることもわかった。この問題は、レンズの縁を顔に近づけることで解決された。

ブロウバー(フレームの上部である眉毛部分のブロウとブリッジがバー状になったデザイン)は、通気性をよくし、レンズの曇りを最小限に抑える。ボートの船体のような形をした頂上部によって、フレームの上を空気がスムーズに流れ、空気抵抗やランナーの頭の周囲を流れる空気が少なくなる。「フロントエッジをどのように変革するかが重要なのです」とムーアは言う。

最終的にでき上がったのは、かけていることを忘れるような軽くて快適なサングラスだ。「アスリートの気をまったく散らさない製品を望んでいました」とムーアは言う。「ありえないほど軽い製品です」

そしてこのサングラスは、1,200ドルというありえないほど高価な製品でもある。究極の快適さは高いのだ。

RELATED