この5品だけ作れればOK!料理がデキる女を演出する裏ワザ

写真拡大

人間が生きるためには食事をしなければいけません。男性は、小さい頃には母親の手料理を毎日食べ続け、結婚しはてからは妻の作る料理によって生命活動を支えることになります。

定番料理が男性には高評価

辛くても、ストレスまみれでも、どんな時でも「食べる」という行為は毎日続けて行わなければいけないほど食事は人間にとっては大切な行為。

 誰でも、美味しくない食事よりも美味しい食事の方が、食欲がわきますし、料理が上手な彼女なら、また彼女に料理して欲しいなと思うものです。恋愛関係を維持させて結婚というゴールに結びつけるためには、彼の自分に対するトキメキをいつまでも維持させると同時に、彼の胃袋を、自分なしでは生きていけないほどにギュッと鷲≠ンにするのも効果的です。

料理の修行は、交際している男がいてもいなくても毎日できます。一人暮らしで料理をするのが面倒な人でも、いつどこに恋愛チャンスが転がっているかわかりませんし、いつどんなタイミングで、気になる男性から得意料理を聞かれるかわかりません。普段から料理をあまりしない人でも、「男性は料理が得意な女性に惹かれる」ことを念頭に置き、最低限の家庭料理ぐらいは作れるように練習しておきましょう。

世の中には数えきれないほどのレシピがあります。いったい何をマスターすればよいのでしょうか。いい女を気取って、難しい料理や、滑舌が悪いと上手に発音できないようなレシピをマスターする必要はありません。フランス料理風に家庭料理を作る必要はないのです。

 だからこそ、アラサ―女子がマスターすべきなのは、どこの家庭でも良く食べている定番料理です。男性に高評価されるのはこのジャンル意外はあり得ません。日本人なら誰でも大好きなオムライス、カレーライス、味噌汁、肉じゃが(煮物)、パスタなど、時間をかけずにさっと作れる家庭料理レシピをいくつかマスターしておくと良いでしょう。いや、むしろ、この5品だけで、男の胃袋を掴むことは可能だと断言できます。

「はっきり言って私は料理が苦手。だけど彼と付き合い始めてからは、クックパッドで5品だけレシピを完璧に覚えて、彼の自宅で料理の作っています。彼には家庭的な女性だと思われてるので、クックパッドのことは絶対に言えません」(旅行代理店・29歳)というような効率重視の女性の存在します。

 この5品を料理する際、独身男に喜ばれやすい重要ポイントを紹介します。

・オムライスは必ずケチャップでカワイイ絵を描くこと!

・カレーライスはシンプルに。必ず簡単なサラダを添えて!

・味噌汁は男の好みを知ってから具材を選択!

・肉じゃが(煮物)は化学調味料を使ってでも「ダシ」重視で!

・パスタは男も作れるので振る舞うなら手の込んだ見た目重視で!

 交際相手ができることで料理をする機会がグンと増えてきます。レシピを見なくてもさっと作れる得意料理は何種類か持っておくと、いざという時に便利ですよ。男性が好きな料理は年齢によっても変わり、20代の男性ならコテコテでボリューム満点の料理が喜ばれますし、30代以降になれば、健康を考えながらもお腹いっぱいになるヘルシー料理などが喜ばれるようです。

 料理上手になって、男性に愛される女性を目指してみてはいかがでしょうか?

Written by 七瀬朱音