人生の学びのために神宮球場へと足を向ける

写真拡大

 似たようなタイトルの本があるかもしれない。もちろん無関係である。8月11日時点、今シーズン開催された神宮球場でのヤクルト戦全てを現地観戦している筆者が、神宮球場で教わったことをご紹介しよう。

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題!

■ミスをしても取り返すチャンスはやってくる

 オンドルセク(現・オリオールズ)がブチ切れたあの日、守備でミスをしたのは比屋根渉(ヤクルト)。これが発端となりオンドルセクは退団。比屋根はほどなくして2軍落ちとなった。

 あれから1カ月と少し経った8月7日、神宮球場で比屋根はまたエラーを犯した。岩橋慶侍(ヤクルト)が打ち取ったはずのライトフライを後逸。失点を許してしまったのだ。ライトスタンドからは「また比屋根か」、「岩橋まで退団してしまう」といったため息交じりの声が飛び交っていた。

 しかし、ミスを取り返すチャンスはやってきた。失態をさらした直後の打席でヒット。2打席目には追い上げの口火を切るツーベース。8回裏の3打席目には逆転タイムリーツーベース。

 これでお立ち台は比屋根だ! と思った矢先に、抑えの秋吉亮がまさかのリリーフ失敗。それでも延長10回、比屋根は最後の最後にサヨナラタイムリー。なんと途中出場でエラーをしてから4安打でサヨナラ打まで記録したのだ。

 失敗しても取り返すチャンスは必ずある。そこで結果を残せばヒーローにだってなれる。1回の失敗で落ち込んでもしょうがない。

「次のチャンスで取り返すんだ」。そんな強い気持ちを持つのが大切だと教えられた。



■仲間のピンチに手を差し伸べることの大切さ

 大引啓次(ヤクルト)は常にマウンドにいるといっても過言ではない。

 味方投手が四球を出したとき、連打を許したとき、率先して声を掛けに行くのは常に大引だ。大引は初回でも必要とあればマウンドに行く。1人でマウンドに行くことも珍しくない。

 若い投手がベテラン打者に死球を与え睨まれているときにも、大引はマウンドに行き声をかける。スタンドからは何を喋っているのか当然わからない。それでも、「心配するな」や「気にするな」といったことをいっているのだろうとは想像がつく。

 この光景を毎日のようにライトスタンドから眺めていると、リーダーシップとはこういうものなのだろう、と気づかされる。仲間がピンチのときに逃げることなく一緒になって戦う姿勢。大引の言葉で救われた投手も数多くいることだろう。

「仲間のピンチに手を差し伸べることの大切さ」を教えられた。



■世の中はそんなに甘くない

 2016年7月9日、由規(ヤクルト)が神宮球場のマウンドに帰ってきた。5年ぶりの1軍登板にスタンドからは割れんばかりの声援。そして涙。

 この登板で「復帰即白星」となればそれ以上の喜びはない。しかし、現実はそんなに甘くなかった。相手のメモリアルデーに強い中日打線に捕まり5回0/3、6失点でKO。白星はお預けとなった。

 5年ぶりの復帰戦で快投を演じ勝利できるほど甘くはない。人生はマンガやドラマとは違いご都合主義ではできてないのだ。

「世の中はそんなに甘くないぞ」とあらためて教えられた。



■諦めずに努力すれば願いはきっと叶う

 復帰戦で「世の中そんなに甘くないぞ」と教えられた日からおよそ1カ月が経った2016年8月4日。由規は神宮球場で6回無失点の好投を見せ、1797日ぶりに勝利投手となった。

 この日のヒーローインタビューで由規は「5年間仕事をしていないなかで待っていてくれてありがとうございます。ずっと、神宮球場で投げて、勝ってお立ち台に立ちたいと思い描いてきました」と、ファンに向けて5年間の想いを語った。

 これを聞いて、世の中はそんなに甘くないけど「諦めずに努力すれば、きっと願いは叶う」ということを教えられた。

 5年間仕事をしなくても、待っていてくれる会社はないかもしれないが……。


 人生で大切なことは学校や職場、家庭だけで教わるものではない。野球を通じてでも十二分に学べるのだ。

 人生の学びのために神宮球場へ通っているというのは大げさだろうか。いや、きっとそんなことはないはずだ。

 その想いを胸に今日も神宮球場へと出かけていく。

文・勝田 聡(かつた さとし)※松坂世代のひとつ上にあたりサッカーの黄金世代となる1979年生まれ東京育ち。プロ野球、MLB、女子プロ野球、独立リーグと幅広く野球を観戦。 様々な野球を年間約50試合現地観戦し写真を撮影する。プロ野球12球団のファンクラブ全てに入会してみたり、発売されている選手名鑑を全て購入してみたりと幅広く活動中。【関連記事】