「YES!」高須クリニック院長、ナイジェリアサッカーを救う? 給料未払いなどで五輪ボイコット報道のナイジェリア代表に「金銭支援したい」

写真拡大

▽美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(71)がリオ・デ・ジャネイロ・オリンピックに参戦しているナイジェリア代表への金銭支援を申し出ていることが分かった。

▽ナイジェリア代表に関しては11日、一部メディアが「五輪代表チームが13日の準々決勝デンマーク戦のボイコットを計画している」ことを報道。伝えられるところによれば、キャンプ活動費や滞在費、移動費など自腹をきっていた状況が続き、給与も11日分しか支払われていないとのこと。ナイジェリア代表は木曜日の練習も拒否したとみられており、準々決勝もスキップする可能性が取りざたされている。

▽指揮官のサムソン・シアシア監督も『Brila FM』で「めちゃくちゃだ。選手たちはプレーしたくないと思っている。私は彼と共にいる」と、選手たちのボイコットを支持する構えを見せたと伝えられている。

▽これを受けて、かねてからナイジェリア代表を気にかけていた高須院長が動いた。高須院長は、自身のツイッターで「本当に気の毒だ。僕がサポーターとして全部金銭的な面倒みるから頑張ってほしい。メダルとったらさらにボーナスだす。僕の申し出は受けとれないシステムなんだろうか? 誰か彼らと連絡取れる人はいないか? 僕はナイジェリアの不屈の精神が大好きなん」「ナイジェリアのサッカーチームがメダル取ったら褒美はいくら? って問い合わせが来たので「全員にもれなく、金メダル300万円、銀メダル200万円、銅メダル100万円を各自に手渡す」と伝えたぞなう」(原文まま)とツイート。ナイジェリア代表への支援が可能かどうか模索している状況だと明かしている。