「ひかるどうぶつえん2016」が横浜市立金沢動物園にて開催!8月27日・28日のキャッチ画像

写真拡大

横浜市金沢動物園で、光るアートと動物たちのコラボレーションによる「ひかるどうぶつえん2016」が開催されます。日程は8月27日(土)と28日(日)の2日間です。園内に18名の若手芸術家による光る作品が展示され、パフォーマンスやアニメーション上映も行われます。

夜の動物園の出現するメディアアート

「ひかるどうぶつえん」が開催されるのは今回で3回目。今年も例年通り、金沢動物園のナイトズ―に合わせて開催されます。見どころは動物園とメディアアートとのコラボレーションにより行われるイベントです。インスタレーションやインタラクティブアート、メディアアート、パフォーマンスやアニメーションの野外上映など、さまざまな手法による新しい表現形式の芸術作品が夜の美術館に出現します。

●気鋭の若手作家による作品を展示

参加作家は文化庁メディア芸術祭学生CGコンテストなどで優秀な成績を収めた、新進気鋭の若手メディアアーティストによって構成されています。イベントは金沢動物園の全面協力のもと、実際の動物展示場を活用した作品や動物とのコラボレーションなど、「動物」をテーマにした作品を展開。アートファンだけではなく、一般の大人や子供、年齢を問わず楽しめますよ。動物園と美術館の垣根を越えた、新しい展覧会の可能性を創造するイベントです。

●ひかるどうぶつえんのワークショップ02「ひかるどうぶつバッジをつくろう!」

8月27日(土)はプレイベントとして、ひかるどうぶつえんワークショップ02「ひかるどうぶつバッジをつくろう!」が開催されます。LEDライトや厚紙、フェルト、画用紙などを使って、目が光るどうぶつのバッジを作るイベントです。「『自分のためのものづくり』をしよう!」を合言葉に活動するDIYグループ「乙女電芸部」の指導のもと、LEDの仕組みを学び、バッジにどうぶつの毛並みや色を再現します。作ったバッジを胸元につければ、夜に開催されるひかるどうぶつえんの暗い園内も安心です。
参加には動物園の入場料のほかに、500円の参加費が必要ですので、ご注意ください。

■スポット情報
名称:ひかるどうぶつえん2016
会場:横浜市立金沢動物園園内
所在地:神奈川県横浜市金沢区釜利谷東5-15-1
日時:2016年8月27日(土)、28日(日)日没18:45〜20:15
アクセス:京浜急行金沢文庫駅西口・バス乗り場より乗車し約12分、バス停「夏山坂上」下車、動物園入口まで徒歩6分。
電話:045-783-9100
公式ページ:http://hikarudoubutsuen.jp/

ひかるどうぶつえんワークショップ02
日時:2016年8月27日(日)13:00〜17:00 随時参加可能
会場:横浜市立金沢動物園園内、ののはな館
所在地:神奈川県横浜市金沢区釜利谷東5-15-1
参加費:500円