(写真左から)伝統的な和型(ひより)、近年人気の洋型(ドルミール)

写真拡大

「イオンのお葬式」を展開するイオンライフは2016年8月12日、墓石の販売を開始した。

6種類のデザインと16種類の石材の中から、追加料金のかからないセット価格で墓石を選べる。以下の(1)〜(6)のサービスを含む料金は58万円(税別)から。
(1)基礎工事費用
(2)石積み工事費用
(3)免震施工
(4)文字彫刻
(5)写真付工事報告書
(6)10年保証

「墓地の寸法選定」ではメールも活用

実際の施工・保証を行うのは、インターネット初の墓石カタログ直販店をうたう「まごころ価格ドットコム」(東京都中央区)だ。イオンライフは販売に徹し、問い合わせや依頼に24時間365日、無料電話で対応する。

契約者から見た、実際に墓ができるまでの流れは次の通り。
(a)無料カタログの取り寄せ
(b)カタログを見て検討
(c)墓地の寸法選定
(d)完成予想図と石サンプルが届く
(e)契約
(f)墓石の工事
(g)施工完了
(h)写真付き工事報告書が届く

上の8項目のうち(c)は申込者自身で行う必要がある。墓のサイズを測って写真をメールまたは郵送で送る。また(d)の完成予想図は、コンピュータソフトで製作されたカラー図面が届く。

契約者は、契約後10日以内に料金の半額を支払い、墓の引き渡し後10日以内に残金を支払う。銀行振り込みのほか、分割ローン払いやクレジット払いに対応する。詳しくは公式サイトまで。

全国の石材店約300社で組織する「全国優良石材店の会」が実施した「2016年お墓購入者アンケート調査」の結果によると、墓地取得費用を除いた墓石の全国平均価格は170.4万円だった。価格帯別に見ると、100万から200万円が51.4%と過半数を占めた。次いで50万から100万円が20.6%、200万から300万円が18.0%。一概に比較はできないものの、予算のない人にとってイオンライフの料金が魅力なのは間違いない。

海洋散骨も東京湾から沖縄まで6か所で実施

イオングループが葬祭事業に参入したのは09年のこと。イオンのお葬式を振り出しに、イオンのペット葬、永代供養、イオンの終活と事業を拡大中だ。

7月4日には、海洋散骨を5万4000円(税込)で代行するサービスを始めた。散骨エリアは東京湾、相模湾、伊勢・三河湾、大阪湾、沖縄の6か所から選べる。ただし散骨は合同で行う。遺骨が7柱集まるか、3か月以内に実施される。また日時の指定はできない。