【日本代表コラム】いつも変わらない足りないもの…“ドメスティック”な選手を生まない環境へ

写真拡大

▽「勝って終わることは残念」とスウェーデン戦後の記者会見で語った手倉森誠監督。試合を重ねるごとにチームの戦い方が整理され、試合結果も負け、引き分け、勝ちと上がってきたことを考えれば、確かに残念な結果だ。

▽手倉森ジャパンに“足りなかったもの”は、トレーニングでは埋めることができないもの。これは日本代表、なでしこジャパンにも共通する部分はあるだろう。日本サッカー全体に共通する部分とも言えるかもしれない。“世界基準”を測り切れないことが、“足りないもの”の根幹にあると思う。

▽「世界を経験していない選手と監督だった」と手倉森監督が敗退後にコメントしていた通り、このメンバーで世界を知っているのはオーストリアのザルツブルクでプレーするMF南野拓実だけだ。同じく世界を知っているヤング・ボーイズのFW久保裕也が不参加となったことは、戦力以外の部分でも大きかった。

▽手倉森ジャパンの面々は、アジアを知っていても、世界は知らない世代。トゥーロン国際大会でも、その差を感じ、大会直前のブラジル戦でもその差を感じていたはずだ。

▽ナイジェリア戦の1失点目、コロンビア戦の1失点目は、どちらも“世界基準”を測り間違えた結果だと言える。ナイジェリア戦は、止められると思ったタイミングで仕掛けられ、失点に繋がった。コロンビア戦は、奪えると思ったタイミングでいなされ、そのまま失点に繋がった。“世界基準”を測り間違えると、失点に直結する。そのことを、リオ五輪ではより体感したはずだ。

▽オリンピックに限らず、世界と戦い、勝つことを目標としている代表チームであれば、まずは“世界”を知る必要がある。しかし、それを経験する場を、U-20という大事な世代で10年以上作ることができていない。“世界”のレベルを知ることもできず、国際大会で戦う経験もできていない。U-20ワールドカップの出場権を4大会連続で逃しているという事実は、日本のサッカー界全体が抱える大きな問題だと言える。

▽“世界”を知る選手をオーバーエイジで呼べば良かったという話も、大会中から耳にした。確かに、その考え方は間違っていないだろう。今回招集されたFW興梠慎三、DF塩谷司、DF藤春廣輝は、アジアでの経験はあっても、“世界”での経験はほとんどないからだ。その基準で考えれば、適任は他にも居たのかもしれない。

▽しかし、それでは根本的な解決にはならない。オーバーエイジの選手に頼り切ってメダルを獲ることが、このチームの目的ではない。あくまでも、その世代の選手が中心となり、チームを作り上げて勝つことが重要であり、オーバーエイジは“スパイス”のようなものだと思う。

▽リオ五輪の結果、経験、そして悔しさを、この先のキャリアでどの様に生かすのかは、選手個人にかかっている。「23歳」という年齢は、決して若くない。“世界基準”で考えれば、若手という表現も使われない。A代表の枠を争うべき年代だ。

▽そのためにも、今後“ドメスティック”な選手になることは避けてもらいたい。そして、そのような選手を生み出さない環境を作ってもらいたい。チャンスがあるならば、“世界”を知るために、できるだけ早く海外移籍するべきだと思う。個人としても、チームとしても、“世界”を知るチャンスを逃して欲しくはない。

▽これで五輪代表チームとしての活動は終了した。選手たちはA代表入りを目指して競争することが始まる。何を感じ、何が必要なのか。今後の選手たちの変化を見守りたい。

《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》