脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。この20年で3000人以上の赤ちゃんの脳を活性化させてきた。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。累計38万部突破のシリーズ『0歳からみるみる賢くなる55の心得』『1歳からみるみる頭がよくなる51の方法』『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』『赤ちゃん教育──頭のいい子は歩くまでに決まる』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』(以上、ダイヤモンド社)などベスト&ロングセラー多数。ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評。 【脳研工房HP】www.umanma.co.jp/

ソニー創業者・井深大氏も絶賛した『赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる』や、『0歳からみるみる賢くなる55の心得』などが大人気の「脳科学の権威」久保田競氏と「脳科学おばあちゃん」久保田カヨ子氏。これまで、長らく、育脳教育の最重要指針に「早期からの算数力アップ」を掲げてきた。
そして、84歳になったばかりの注目書籍『小学校前にみるみる算数力がつく15の習慣――お風呂で唱えるだけで算数力がアップ!「お経式暗算法」ミラクルシート付き』が発売たちまち大反響!アマゾン第1位(「教育・学参・受験」&「子育て」ジャンル)となった。
オビには「2歳でも小1の算数がとける!」という衝撃的なコピーがあり、最新脳科学に基づく「お経式暗算法」を取り入れた、世界初!?のメソッドで、お湯につけるとピタッとつく「お風呂に貼れるミラクルシート付き」だという。なぜ、算数力の前に「行動パターン学習法」が必要なのだろうか?

なぜ、算数力の前に
「行動パターン学習法」が必要なの?

「クボタメソッド」には、0歳からの赤ちゃんの前頭前野が活発に働くよう、運動や行動に関する独自のプログラムがあります。
 
 このプログラムによって、前頭前野の「短期記憶」(ワーキングメモリー)も海馬の「長期記憶」も両方よくなります。
 
 この効果は、見た目にも、小学校に上がる前から感じられます。
 
 わが子が、自分で「行動する・しない」を決められ、記憶力がいいことを実感できると、お母さんやお父さんは、小学校に上がるのが楽しみになってきます。
 
 通常、「お経式暗算法」は、ひとケタの暗算で、大人が読み上げても2分くらいかかりますから、子どもならもっと時間がかかります。
 
 でも、「お経式暗算法」を速くマスターできるコツがあります。
 
 それは、いきなり「お経式暗算法」にとりかかるのではなく、日常の基本的な運動や行動がうまく続けられるよう、まず、行動パターン学習を徹底的にやることです。
 
 そのために、『小学校前にみるみる算数力がつく15の習慣』では、「行動パターン学習法」を詳しく紹介しています。
 
 これをやるかやらないかで、その後の算数力の伸びしろが変わってくるので、ここでしっかりと“算数力の土台”をつくってください。
「お経式暗算法」も「行動パターン学習法」のひとつです。
 
 暗算をやっていると、すぐに前頭前野が働くようになるので、なるべく早くできるようにしてあげましょう。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)