完全栄養食ソイレントに、コーヒー味の「朝食版」登場

写真拡大

完全栄養代替食のSoylent(ソイレント)から、「朝食とコーヒー」がひとつになった「Coffiest」が登場した。ユーザーたちのアイデアから生まれた、時間がない朝に使いたい健康食だ。

「完全栄養食ソイレントに、コーヒー味の「朝食版」登場」の写真・リンク付きの記事はこちら

Coffiest」は、ソイレントシリーズの最新作だ。レギュラーのソイレント同様、栄養を幅広く摂取できるというもので、標準的な400キロカロリーのソイレントボトルに、1990年代のシリアルのコマーシャルに登場するような「完全な朝食」のすべてが詰まっている。

関連記事未来の食べ物「ソイレント」が生まれるまで

Coffiestは、1本当たりに150mgのカフェインが含まれている。カフェインの量は実はそれほど多くなく、ダイナーの小カップのコーヒー1杯よりは多いが、スターバックスで頼むグランデサイズの「パイクプレイスロースト」の半分に満たない程度だ。

また、テアニンも75mg含まれている。これはお茶に含まれるアミノ酸の一種で、バランスのとれたエネルギーサプリメントとされている。科学的な根拠は絶対ではないが、その効能を信頼している人もいる。これらを含む400キロカロリーの食事が1本約3.1ドルになる。

『WIRED』US版編集部はまだCoffiestを試食していないが、ソイレントとコーヒーについて知っていることから考えると、カフェイン入りの「Cheerios」(チェリオス:オート麦入りシリアル)のような味になるのではないだろうか。そして正直な話、オリジナルのソイレント同様、最初のうちはおならが多くなることだろう。

Coffiestのアイデアは、ユーザーコミュニティから生まれたものだ。ソイレントは、Redditなどにレシピやアイデアを共有する巨大なユーザーコミュニティをもち、そこでエスプレッソ、コーヒーパウダー、コーヒー抽出液などを「Soylent 2.0」(日本語版記事)に加えるアイデアが人気だったのだ。そこで、カフェインとココアパウダーを加えた新製品ができ上がった。

ソイレントはほかに、携帯用スナックとして250キロカロリーのプロテインバー「Soylent Bar」も発表。バーはまだ発売されていないが、すぐに購入できるようになるだろう。

ソイレントの正しい使い方

ソイレントは登場したとき、単なる流行の食べ物、といったように受け取られた。熱心なユーザーたちによってインターネットに「ソイレントだけを1カ月飲み続けたらこうなった」といった記事があふれ、ソイレントを使った減量方法が議論された。

その味のなさや、「料理」という文化が失われつつあること、そして食べること自体を嫌う人がいるらしいということに、多くの人が驚いた。

ソイレントのディナーパーティー、という気持ち悪いものを開いた人までいるが、それはソイレントの正しい使い方とはいえない。ソイレントのラベルにはこう書かれているのだ。「ソイレントはあらゆる食事の代わりになるものだが、すべての食事を置き換えるためのものではない」

『WIRED』US版のジョー・ブラウン記者の机の上には常にソイレントが箱で常備されているが、彼は「自分はソイレントをおいしい食事の代わりとして飲んでいるわけではなく、テイクアウトよりはマシだから飲んでいる」と語っている。

Coffiestの場合は、朝食代わりのクリームドーナツよりはマシ、ということになるのだろう。これは、時間がないときにドライブスルーの食事の代わりに素早く摂れる、健康的な代替品なのだ。

RELATED