中国は世界最大の自動車市場だが、中国自主ブランド車の人気はいまいちだ。中国人消費者は中国車に乗っていたのでは「メンツが立たない」として、裕福な消費者ほどドイツ車や日系車など外資ブランドに乗る傾向がある。

 一方、日本の街中でもっとも多く見かける車といえば、やはり日本車だ。なぜ日本では米国車やドイツ車、中国車や韓国車よりも日本車のほうが売れるのだろうか。中国メディアの易車はこのほど、日本人が日本車を購入するのは「愛国心から」であると主張している。

 記事は、日本の自動車市場における車種別の新車販売台数を紹介し、日本の自動車メーカーが圧倒的なシェアを獲得していることを指摘し、日本で人気の高い軽自動車においても同じく日本車メーカーがほぼ独占状態にあることを伝えた。

 さらに、日本で売れ行きの良い車種であっても、中国では必ずしも売れ行きが好調であるとは限らないことを指摘したうえで、日本の自動車市場は特殊であり、日本車の品質が高いのは間違いないが、「日本の自動車市場で日本車の売れ行きが圧倒的なのは、日本人が愛国心から日本車を選んでいる」ためであると主張した。

 記事が主張しているように、愛国心から日本車を選んでいる日本人がどれだけいるだろうか。自動車に限らず、日本人が消費を行うにあたってそのメーカーの「国籍」を気にする人は多くはないはずだ。中国製は品質が悪いというイメージから、中国製を避ける消費者はいるだろうが、「愛国心」からあるから中国製品を買わないという日本人は皆無ではないだろうか。日本人が日本車を購入するのはあくまでも品質が高いからであり、中国人自身が消費に「愛国」を持ち込んでいるからこそ、他国の国民も同じ考えだと誤認してしまうのだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)