一般社団法人国際統合治療協会では「セルフ脈診」の啓発活動を開始した。年齢が高くなるほど、リスクが高まると言われている「心筋梗塞」や「脳梗塞」。同協会では無症状の場合もあり、事前に防ぐために「セルフ脈診活動」を啓発していくとしている。

セルフ触診

【1日1回は脈を診て、自分で心筋梗塞・脳梗塞を防ぐ!】

セルフ脈診のやり方は、上の写真のように親指側の手首で脈を診ることが基本。手首親指側を2本の指で軽く触れ、起床時か、就寝前に必ず1日1回脈をとる習慣を身につけることも大切だ。正常な場合、定期的にトントントンと一定のリズムで脈を感じられるが、不整脈がある場合、脈が速くなる、遅くなる、ときどき飛ぶなどの症状が出る。

またリズムが全くバラバラで、脈の強さや弱さもバラバラの場合、心筋梗塞や脳梗塞の原因となる危険な不整脈の可能性がある。セルフ脈診をしていて、気になる脈の症状が出た場合は、医師へ相談しよう。毎日自分の脈を診ることで、心筋梗塞や脳梗塞、脳血栓などの危険な状態をいち早く察知することができる。脈のセルフチェックを行なって、自分で自分を守ろう。

■注意すべき脈とは・・・

絶対性不整脈と呼ばれる脈。速く、分かりにくく、不定期でいつ来るか分からない脈のことを言う。絶対性不整脈の原因は、心房細動。心房細動とは心房の収縮がむやみに速く、ブルブルふるえるようで、通常の収縮をしない状態をのこと。この速い心房の収縮は、心室全体にに伝わるわけではなく、不規則に伝わることで、脈も不規則になるもの。心房細動が急に起こると、動悸や胸が苦しく感じることもあるが、この状態が長期間にわたる場合は、だんだんと、慣れてきて、自分では症状を感じなくなることもある。この状態が、実はとても危険なのだ。

心房細動がおき、絶対性不整脈になると、心房自体が震えるようにしか動かないので、血がよどんで塊ができやすくなってしまう。その結果、心房に血栓(血の塊)ができ、それが血流にのって脳などの動脈に流れ込んで、ふさいでしまうことがある。これを塞栓症と呼び、脳であれば脳塞栓症を起こす可能性が高まる。心房細動であれば、将来起こりやすい脳梗塞の予防が必要になるため、近くの医療機関を受診して正確な不整脈の診断をしてもらうことが必要だ。

■セルフ脈診のすすめと生活上の注意・・・

生活上の注意は、期外性収縮や他の不整脈と同様に、酒の飲み過ぎ、睡眠不足、過労、ストレスなどを避けること。日ごろから朝起きた時の「セルフ脈診の習慣」を身につけることで、重篤な病気を防ぐことができる。自分で脈をチェックし、「異常があれば受診する」を徹底しよう。

文/編集部