11日、韓国メディアによると、外国人観光客が韓国で最も驚いたことは「WIFI」であることが分かった。これについて、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真はWIFIのマーク。

写真拡大

2016年8月11日、韓国・毎日経済によると、外国人観光客が韓国で最も驚いたことは「WIFI」であることが分かった。

11日、外国人儀典観光専門旅行社コスモ・ジンによると、6〜7月に韓国を訪れた外国人観光客706人を対象に「韓国の驚くべき姿」について調査をした結果、回答者の55%(389人)がWIFIを1位に選んだ。後には公共交通機関(19%、131人)、はさみで食べ物を切る文化(13%、90人)、安くて高品質な化粧品(7%、52人)、非武装地帯(6%、44人)が続いた。

外国人観光客らは公共の場や路上で速いWIFI を無料で使用できる点を最も印象的にとらえていた。公共交通機関は便利な上に料金が安い点で2位に選ばれた。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「トイレがきれいで安全、お通しが無料、チップが不要、治安が良い…。観光するには悪くない国だ。問題は観光名所が少ないこと」
「WIFIが1位だなんて悲しい。韓国にはそんなに良いものがないの?」

「1位は“無能な大統領”では?」
「チョコパイのおいしさには驚かなかった?」

「タクシー料金の安さには驚くだろうね」
「外国でもWIFIには不自由しなかった」
「WIFI環境は日本の方が良いと感じたけど?」

「はさみに対する偏見を捨ててもらいたい。衛生的だし、とても便利なのに!」
「はさみが楽でいい。まな板も必要なない」(翻訳・編集/堂本)