集合住宅が多数を占める中国では、しばしば住民が建物を勝手に改造、増築し、トラブルや事故を引き起こすケースが発生する。中国メディア・中国新聞網が7月15日に伝えたところによると、遼寧省瀋陽市では6階建ての集合住宅にいつの間にか「7階」が出現、他の住民からクレームを受けた当事者が「屋上が雨漏りするから塞いだ」と弁明したという。仮に実際に雨漏りがあったとしても、ひどい言い訳である。

 ところで、雨漏りは日本の戸建住宅においても悩みの種の1つだ。新築の家であれば安心だが、経年劣化が進めば雨漏りの心配はどうしても出てくる。ただ、日本の家屋の施工現場を見た中国人は「これだけちゃんと作っていれば、絶対雨漏りなんて起きないだろう」と感じるようだ。中国メディア・南方網は10日「日本人はなんとこんな風に家を建てていた これでは耐震や防水できないほうが難しい」とする記事を掲載した。

 記事は、日本の家屋を建てる際の周到ぶりについて、施工主と業者そして神職が集っての地鎮祭から、実際に家ができるまでの過程に沿って紹介している。まず、現場をきれいにならしてちゃんと水平をとり、土地の耐力を確かめるボーリング試験を実施、試験が終われば基礎部分を作る前に予め給水や排水などの配管を地中に埋めると説明した。

 そして鉄筋にコンクリートを流し込む基礎部分を作る際にもしっかりと寸法を検査したうえで次の作業に進み、できた基礎部分には防水・防湿・通気処理が施されるとした。さらに、木材にも保護塗料を塗ってシロアリによる被害や腐食を防ぐ処理を施すほか、壁の内部にも保温・断熱素材をしっかり入れ、屋根板の上部にも防水シートを敷くことなどを伝えている。「これだけやれば雨漏りするほうが難しい。これで雨漏りするならもうしょうがないじゃないか」といった印象のようである。

 因みに、日本の家づくりを写真付きで紹介する記事は、これまでにも何度も中国メディアによって掲載されてきた。よほど、「日本の家はしっかり作られている。それに引き換え・・・・・・」という思いが強いのだろうか。日本の家屋と中国の家屋では用いられる材料も異なれば、構造も異なる。しかし、丈夫で快適に生活できるような家を建てるべきという点は変わりない。事あるごとに建物の手抜き工事が指摘され、建物が傾く、倒壊するといった事故が頻発する中国にとって、日本の家づくりに学ぶ点は少なくないはずだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)