マツコも絶賛!義実家帰省にオススメ「本当に喜ばれる手土産」3選

写真拡大

みなさん夏休みに帰省されますか? 結婚している場合、夫の実家への手土産はなにがいいか、悩ましいものです。

そこで今回は、そんな夏の義実家訪問にあわせて『マツコの知らない世界』(TBS系)で放送された、ギフトコンシェルジュの真野知子さんセレクトの商品を参考に、自分ではなかなか買わないけれどもらうと嬉しい手土産をご紹介します。

■1泊9万のホテルの味を気軽に楽しむ谷井農園『アマン東京オリジナルジュース』

まず最初は、1泊9万円するホテル『アマン東京』が販売する谷井農園『アマン東京オリジナルジュース』1本950円です。

ホテルに義理の両親をご招待……というのは、さすがに値が張りすぎて簡単ではありませんが、『アマン東京』で味わえる上質な100%ジュースをお土産に持っていけば、きっと家族で楽しんでいただけるはず。

白桃味、マンゴー、不知火オレンジ、ピンクグレープフルーツ、クランベリーがあり、白桃は期間限定の味だそう。

マツコ・デラックス曰く「思ったより甘すぎない」繊細な甘さだそう。オンラインショップでも購入できるので、自宅用にも買って、贅沢をしたい夏の夜に楽しみたいですね。

■夏を涼しく演出! 伝統工芸品『水うちわ』

家田紙工の『水うちわ』は、その名の通り水を吹き付けて使ううちわ。繊細な和紙で作られていて、霧吹きで水を吹き付けると、粒子のように細かい水を感じて非常に気持ちがよいとのこと。

マツコ・デラックスも「プライベートで購入したい」と発言したほど、和を感じさせる風流な見た目で7,560円(税込)とうちわにしてはお高めですが、珍しさと美しさは抜群。

ネットでも購入可能ですが、売り切れになっているショップも多数あるので、気になる方はお早めにチェックをしてみてください。

■誰にあげても安心の存在感! 極上タオル『THE TOWEL』

最高の質感で有名な今治タオルの中でも、男女別に特別に作られたのが『THE TOWEL』。女性用は毛足が長くお肌をフワッと包むように、男性用は毛足が短めで厚手のしっかりした特徴があるとのことです。

バスタオル・フェイスタオル共に男女別の2種類があり、バスタオルは10,800円(税込)、フェイスタオルは4,860円(税込)でネットでも手に入ります。

どのご家族でも必ず使うタオルですが、なかなか極上のものは自宅では購入しないもの。この機会に、義理の父と義理の母に購入し、男女の違いを説明しながら、家族の会話を楽しんでみてはいかがでしょう?

いかがでしたか? 義実家への帰省は嫁にとってなかなか気を使うものですよね。

まずはつかみで、会話の広がる手土産を渡せば、そこから親族で楽しく「わー、これは涼しい!」、「東京の9万もするホテルの?」などなど楽しく家族トークを繰り広げられるかもしれません。

【画像】

※ TOKYO, JAPAN - JUNE 6: TV personality Matsuko Deluxe attends “TSUKEMA Queen” Awards on June 6, 2015 in Tokyo, Japan. (Photo by Sports Nippon/Getty Images)