パーク24は、ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」の会員を対象に実施した、「運転中にヒヤッとした経験」についてのアンケート結果を発表した。

「運転中にヒヤッとした経験」についてのアンケート

■9割以上が運転中にヒヤッとした経験あり

クルマを運転中にヒヤッとした経験がある人が96%に上ることがわかった。年代、性別、居住地や運転頻度、免許取得年数でみても割合に大きな違いはなく、クルマを運転したことがあれば、何かしらヒヤッとした経験をしているようだ。

「運転中にヒヤッとした経験」についてのアンケート

■運転中のヒヤッとした経験は65%が「急な飛出し」

運転中にヒヤッとした経験では、「急な飛び出し」が65%、次いで「前のクルマの急ブレーキ」が41%となり、多くの人が他人の運転で危険を感じていることがわかった。一方で、自身の操作ミスでヒヤッとした経験では、29%が回答した「眠気」がトップとなり、以降、「クルマのスリップ」が15%、「ブレーキとアクセルを間違えた」が5%、「ハンドル操作を誤った」が4%と続いている。「クルマのスリップ」は、北海道、東北、北陸、甲信越など、雪が多く降る地域の人からの回答が多くみられた。

「運転中にヒヤッとした経験」についてのアンケート

「ブレーキとアクセルの踏み間違い」と、「ハンドル操作ミス」でのヒヤッと経験は、20代に多いことが判明。特に、最近ニュースで取り上げられることの多い「ブレーキとアクセルの踏み間違い」は、男性よりも女性に多く、20代以下の女性では16%にのぼった。警察庁の統計データでも、運転操作不適が原因の事故は3万3845件で、このうち20代以下が28%と高い割合となっており(平成27年度)、運転経験が浅いほど、運転操作ミスをする可能性が高いようだ。

「運転中にヒヤッとした経験」についてのアンケート

■自身の考える運転限度年齢は、75歳以下が8割

「自身で何歳まで運転ができると思うか」を聞いたところ、8割が「75歳以下」と回答した。一番多かった年齢層は「66歳〜70歳」の32%、次いで「71歳〜75歳」が21%、「61歳〜65歳」が17%となった。

「運転中にヒヤッとした経験」についてのアンケート

回答者の年代別でみると、20代以下は、「65歳まで」が47%と半数近くなっており、年齢が若いと、歳を重ねた自分自身をイメージしにくいことから運転の限界年齢も低くなっているようだ。60代以上では、「81歳以上」でも運転できると回答した人が1割を超えており、他の年代よりも高い割合となっている。なお、警察庁のデータでは、平成27年度中の申請による運転免許の取り消し件数は約28万5000件で、そのうちの8割が70歳以上となっている。

「運転中にヒヤッとした経験」についてのアンケート

これまでは運転中にヒヤッとした経験がなかったとしても、この先もないとは限らない。事故を起こすことのないよう危険を予測し、相手の立場に立った思いやりのある運転をすることが大切。また、路上駐車はドライバーの死角を作り、65%の人がヒヤッとした「急な飛び出し」の原因になり、大きな事故につながる可能性もある。交通事故が1件でも減るように、運転時はもちろんのこと、駐車についても意識したいものだ。

【調査概要】
調査対象:タイムズクラブ会員(2014年12月7日以降に入会し、直近でタイムズ駐車場・タイムズカープラス・タイムズカーレンタルを利用した人)
調査方法:非公開型インターネットアンケート
調査期間:2015年12月7日〜12月13日
有効回答者数:8021名

文/編集部