おむつフィッターとは?(※イメージ)

写真拡大

 おむつをめぐる介護を描いたマンガ「ヘルプマン!!Vol.5 排泄編」(くさか里樹著、朝日新聞出版刊、現在発売中)では、おむつを使うようになった妻とその介護をする夫が、おむつからの尿漏れに悩む様子が描かれた。追い詰められた夫婦の前に現れたのは「おむつフィッター」なる女性。漏れの意外な原因を言い当てられ、ようやく救われる。全国に5千人以上いるおむつフィッターとは──。

 おむつフィッターは、京都市上京区で排泄用具の情報館「むつき庵(あん)」を運営する株式会社はいせつ総合研究所による認定資格。代表の浜田きよ子さんはこう話す。

「勘違いされることが多いのですが、おむつのアドバイザーではありません。排泄の困りごとに対して、おむつなどの排泄用具はもとより、医療や住環境、食事など幅広い視点で提案できる人を、おむつフィッターに認定しています」

 資格は3段階。3級は基本的な知識を網羅できる総論。2日間の研修を受け、試験に通れば資格を授与される。深く学びたい人には、応用編の2級、講師レベルの1級も用意されている。

 内閣府が2013年に行った特別世論調査(有効回答数1842人)で、介護経験者とその家族に、苦労したことを尋ねると、いちばん多かったのは排泄(排泄時の付き添いやおむつの交換)だった。連載に出てきたフィッターが言う「排泄の謎がわかれば人生が変わる」はそのとおりだろう。

 7月末。京都市内で開催された「おむつフィッター3級研修」を見学した。参加者は75人。

 1日目は「排泄ケアの総論」「排泄用具やおむつについて、おむつの種類や組み合わせ」「排泄のメカニズム」といった講義が中心。2日目の午前中は「おむつの当て方」などの実習が行われた。

 介護される役の女性の服の上から、浜田さんが尿取りパッド1枚を重ねたテープ留め紙おむつを当て、片側2枚ずつのテープを平行に貼る。ごく一般的な当て方に見えるが、「これは悪い例」と浜田さん。次に尿取りパッドの立体ギャザーを内股のラインに沿うように丁寧に当て、テープをクロスさせて貼ると、女性は「さっきのように股が痛くない。すごく楽に動けます」と目を輝かせた。

「ヘルプマン!!」では、妻の気持ちを理解するために、夫がおむつをつけ排尿を試みるシーンが描かれる。

 研修でも、1日目の夜におむつの装着・排尿体験が必修だ。まずは寝た状態で排尿を試みるが、ほとんどの人が出すことができない。「おむつに排尿するのがこれほど難しいとは……」と痛感するそうだ。

 ほかにも「パッドに尿は吸収されてはいるものの、ずっしりと重くなったおむつは不快。本人は早く替えてほしいと思っているはずだ」「今のおむつは性能がいいことはわかっていても、排尿中、漏れるのではないかと気が気でなかった」「排尿後は早く交換しないと歩行や座位に影響があるとわかった」といったさまざまな実感が寄せられる。

 ライターも体験してみたが、寝た状態ではなかなか排尿できない。ようやく出始めたが、すっきりするどころか惨めな気持ちになった。生前の母に「夜はおむつの中に排尿すればいいよ」と言ったことを後悔した。

「ささやかでも当事者の立場になってみることは大事。相手の気持ちになって考えれば、おのずと対策は見えてきます」と浜田さん。

 浜田さんがおむつにかかわるようになったのは、30年以上前のこと。当時重い糖尿病を患って入院していた母親は、白内障で目がほとんど見えなくなっていて、トイレに行こうとして転倒。看護師から、危ないのでおむつで排泄したらどうかと勧められた。

「母は『おむつだけは嫌だ』と言ったのですが、私も母が安全な状態でいるほうが早く回復すると思っておむつを勧めました。しかしおむつを当てられるようになった母はベッドから起き上がろうとしなくなり、食事もほとんど食べず、ひと月後に亡くなりました」

 因果関係はわからないが、浜田さんの心の中に「おむつを使わなければよかった。でもどうすればよかったのか」という思いが残った。それが原点となって排泄用具について研究し、03年に排泄関連の相談に応じる「むつき庵」を開設したという。浜田さんはこう続ける。

「むつき庵には、介護をしている家族だけでなく、医療や介護の専門職など、さまざまな人も相談に来ました。介護のプロと言われる人たちでも適切な排泄用具を選べていないことに気づいたんです」

週刊朝日  2016年8月19日号より抜粋