11日、中国のポータルサイト・今日頭条が、海外移民する中国人が多い理由について分析する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は米国のパスポート。

写真拡大

2016年8月11日、中国のポータルサイト・今日頭条が、海外移民する中国人が多い理由について分析する記事を掲載した。

記事は、中国の国際的地位はますます上がってきているものの、中国では第3次移民ブームが起きていると指摘。多くの富裕層やインテリ層が移民しているとした。その理由について記事は、投資環境が海外の方が整っており安全であること、移民後はその国の医療制度の恩恵やビザなし渡航できる国が多くなるなど、多くの利点があるからだと分析した。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「本当のことが言えない国に未練などない」
「安心感がないから故郷を離れるんだろう」
「この国は道徳が退廃しているからだ」

「できるものなら中国人は全員が移民したいと思っているよ」
「中国人で移民したくない人などいるだろうか?単に条件にかなわないだけだ」
「もし欧米各国が制限なしで移民を受け入れたら、中国人の7割が移民すると思う」

「中国を離れることは中国人全員の夢」
「みんな移民しちゃえばいいよ。1億人くらい残ればそれでいい」

「中国の国際的な地位が高い?誰から聞いたんだ?作者はそれを信じたのか?」
「普遍的な国際的価値観すら共有していないのに、国際的な地位なんてあると思っているの?」

「高すぎる不動産が原因だと思う」
「違法なことをして稼いだお金だから移民するんだよ」(翻訳・編集/山中)