真夜中が迫った深夜、北京地下鉄6番線の終電の車内には、残業で遅くなった多くの人が、半ば眠りかけた状態で帰宅の途についている。

写真拡大

真夜中が迫った深夜、北京地下鉄6番線の終電の車内には、残業で遅くなった多くの人が、半ば眠りかけた状態で帰宅の途についている。北京地下鉄の「終電族」の多くは、このような残業族だ。彼らの中には、2都市間を行き来するIT男性や、市バスの運転手がいる。職業や下車駅はそれぞれ違っても、彼らの顔に漂う疲労感はまったく変わらない。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

○「時間通り」の建築デザイナー:2年あまり、毎日終電

平日・週末に関係なく、毎日午後11時20分ころになると、北京地下鉄6号線終電の常連客である建築デザイナーの邵彬氏は、時間通りに花園橋駅に現れ、終電に乗り込んで草房に向かう。

邵氏は仕方がないといった風に、「毎晩、この時間まで残業しなければならないのが、我々建築デザイナーの宿命だ。実のところ、生活のゆとりなどとっくの昔に無くなった。疲れも十分に感じている。だが、このような生活を2年以上送り、今では慣れっこになった」と話した。日々の生活で疲労困憊するのは確かだが、その疲れに対する対価は、決して低くはないと彼は言う。彼の月給は2万元(約30万円)を上回り、多くの人にとって申し分ない額である。

○「奔走」するIT男性:「2都市間を行き来する生活」に固執

同じ北京地下鉄終電組であっても、夫婦ともども北京に住んでいる邵氏とは異なり、趙力氏は、妻と別居して自分だけが北京で仕事をすることを選んだ。IT業界で働く趙氏は、さまざまなプロジェクトに関わっていることから、仕事の行動範囲が非常に大きく、北京市外へ頻繁に出張する。このため、彼の妻は故郷の済南で生活している。このような状況から、彼は勤務時間以外に、週末になると妻の住む故郷に帰り、家族と一緒に週末を過ごす。少しでも長く故郷の家で過ごしたいと、彼はかなり遅い時間に発車する北京行き列車に乗る。そして北京に着くと終電か終電前の地下鉄に飛び乗る。

趙力氏にとって、このように遠距離を行き来することは非常に疲れるが、それでもこの生活に幸せを感じ、充実感を覚えるという。

○「沈黙」の市バス運転手:終電では自分は乗客

勤務時間中は運転手で、帰宅時は乗客になる。夜間勤務の市バス運転手、劉力氏は1カ月に4、5回地下鉄の終電に乗っている。彼は、「実のところ、家に帰ると、家の中の雑務に気を遣わなければならない。毎日、多くの乗客の相手をしなければならず、勤務中も非常に疲れる。だが、終電の車両は静かに物思いにふけることができ、話をしなくても済む」と話した。

○ 「出勤途中」の地下鉄補修作業員:終電には多くの顔馴染み

深夜、帰宅の途につく人のほか、地下鉄の終電には「出勤途中」の人もいる。地下鉄の補修作業をしている李鉄さんもその一人だ。

毎日、疲れ切った身体を引きずって終電に乗り込み家に向かう多くの人を横目に、これから勤務につく李さんは、エネルギーに満ちあふれている。李さんが担当する地下鉄補修作業は、午前0時から午前2時半まで。勤務時間は非常に短いが、作業量は極めて大きく、責任も重い。彼らは根気強く、地下鉄の「身体検査」を行わなければならず、どんな細かい作業もいい加減にすることは決して許されない。

李氏によると、終電の乗客の多くはサラリーマンで、古くからの顔馴染みも多く、ほとんどの人がいつも疲れ切った表情をしているという。だが、時には「新顔」が登場する。新顔の中には、面白い人、風変わりな人、珍しい人などいろんな人がいる。終電に乗ると、いろいろな興味深い発見があるという。(提供/人民網日本語版・編集/KM)