いまの時期は冷房の効いた室内や、外出時の強い紫外線により唇は乾燥しがちです。デリケートになった唇を保湿するリップの素材にはこだわりたいもの。そんなときは、小松和子さんプロデュースの「リッププロテクティブグロス」がおすすめです。
安心素材の美容成分がたっぷり
普段は間食をほとんどしないため、リップを塗りなおす必要がない人も、熱中症対策やあまりの暑さに水分補給や冷たいスイーツを食べる機会が増えますよね。食べたり、飲んだりすると、どうしても口紅などは一緒に食べてしまうことになります。しっかりうるおいを補給したいものの、体内に入ってしまうことを考えるとリップの成分は気になります。

リッププロテクティブグロス 8g 2,500円(税抜)

マイロハスでもおなじみのナチュラルコスメの第一人者である小松和子さんが、開発にも携わり「成分・香り・質感」にこだわりぬいたのが、「babu-(バブー)」のリッププロテクティブグロスです。界面活性剤を使用せず、美容効果の高い保湿成分を贅沢に配合したのだそう。ソースやドレッシングにも使用される保水剤など、口の中に入っても安心の成分でできています。
ツヤ感長持ちで涼しさも感じる
マンゴー種子脂など、日焼けした肌のケアに効果的とされる素材なども含まれ、夏のリップケアにぴったりですが、うるおうだけでなく、なんと涼しく感じられるのもこの時期にうれしいポイントです。スペアミントのさわやかな香りで、ペパーミントとは違いメントールを含んでいないのでマイルドな清涼感。ミントが苦手と思っていた人も安心して使えます。
使用感が重くなく、べたべたしないのにうるおい感が持続しているのを、ただいま実感中です。カラーがクリアなので、お気に入りの口紅を塗った後のグロスや、ベースにもぴったりです。毎日、飲みものと一緒にバッグにしのばせ、水分補給後には、唇にもうるおいチャージしようと思います。
[babu-(バブー)]
photo by PIXTA

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。