11日、今春から韓国に本格進出した女性タレントのエマ・ウーが、今年10月にアルバムを発売する。

写真拡大

2016年8月11日、今春から韓国に本格進出した女性タレントのエマ・ウー(呉映潔)が、今年10月にアルバムを発売する。NOWnewsが伝えた。

【その他の写真】

鬼鬼(グイグイ)の愛称で知られる人気タレントのエマ・ウーは、今年3月に韓国の大手芸能事務所・CJエンターテイメントと所属契約を結び、本格進出を明らかにした。すでに韓国に渡って2カ月間生活し、週2回の韓国語レッスンに加え、ダンスやボイストレーニングに励んでいる。

11日、台北で27歳の誕生日を祝うファンイベントに出席した。今年10月にニューアルバムをリリース予定だが、収録曲MVの一部がこのほどネット上に登場。相手役の俳優について、今年台湾でも大ブレークしたソン・ジュンギなのでは?と話題になっている。しかし、これについてエマ・ウーは沈黙を貫き、「最も共演したい韓流スター」は、BIGBANGのT.O.Pだと答えている。

今後、韓国での活躍が期待されるが、ちゃっかりとリスク対策も進めていることを暴露。ソウル市内で物件を物色中だといい、きれいに改装してゲストハウスを経営し、収入を得る考えもあるとのこと。高級住宅街のある江南(カンナム)地区のマンションが高額すぎて、驚かされているという。(翻訳・編集/Mathilda)