ドイツ人と日本人の「仕事の違い」を比較したイラストが話題に。あなたは意味がわかる?

写真拡大

文化や慣習が違えば、仕事の進め方だって異なる。海外で働くには、その国の国民性を理解することが大切と言われます。

フランクフルト在住のHisai Toruさんも、しばらく働いてみてドイツ人と日本人のワークスタイルの違いを把握できつつあるのだそう。そして、その差を一枚のイラストで表現しました。

パッと見では丁寧な日本。
しかし…

一見すると、ドイツ人の仕事は大雑把で、日本人の仕事は丁寧に見えます。が、果たしてその裏側に隠された意味とは?

Hisaiさん曰く、几帳面できっちりしていると思われがちな前者には、意外と雑な部分も。しかし、周囲がそれを補い、受け入れたりするそう。自分がいい加減なぶん、他人にも多くを求めず、困ったら助け合うことが自然とできる国民性のようです。

反対に後者は、他人に迷惑をかけるのが嫌なので、自分の仕事はきっちりと丁寧に遂行します。しかし、重要なポイントは最後まで完成しないこと。そこには、「鶴の一声」という“あるある”な事情も……。

どれだけ残業して働いても、アウトプットがでる前にまたイチから再スタート。結果として何もやっていないように見える、なんて皮肉なこの状況を容易に想像できる人も少なくないのでは?

Licensed material used with permission by torus