男子は「割り勘をねばる女子」が正直しんどい #男子の本音

写真拡大

男子のホンネ。それは「恋愛がしんどい」。

女子は恋愛をがんばるけど、そのがんばり、ちゃんと届いてる? 意外と男子はしんどいって思うことがあるんです。

今回のテーマは「割り勘をねばる女子」について。 一体、何がどうしんどいのか。男子のホンネを聞いてみました。

「男におごられることを嫌う女性って、プライド高いんだろうなって思う。割り勘にすることで、対等な感じでいたいんだろうけど、かわいげないなーって思っちゃう」

「おごられないって決めてるとか、こだわりを押し付けてくる感じが、もうめんどくさいって思う。おごられて男の顔を立てる場面も必要だと思う」

「素直におごられてお礼を言われるほうが気持ちがいいよね。そもそも男はおごる気で誘ってるから、そこで相手に出させるのも悪い気がしちゃうし...」

プライドが高そう

「いやいや、半分もらってください」「おごられるの嫌なんです」と、割り勘提案を強めにしてくる女性を見ると、プライドが高そうと思ってしまいます。

出す姿勢を見せつつも、男が出すと言ったら「じゃあ、ごちそうさま」と素直に言ってくれる女性のほうが、断然好感が持てます。

こだわりがめんどくさい

おごろうとすると頑なに拒否する女性を、男性はめんどくさいなと感じています。男としても、こっちが誘っておいて女性に払わせるのは気がひけるという場面があるのです。

また、よく通うお店で女性に「よくないです! 払います!」なんて言われても、「いや、むしろ顔を立てて...」と思ってしまいます。

顔を立ててほしい

男性は彼女にいい顔をしたい、まわりにいい顔をしたいという気持ちが少なからずあります。なので、素直におごられてお礼を言われるほうがうれしいです。

「また誘いたいな」と思っているけれど、割り勘に固執する女性だと、毎回相手の負担を考えなければいけないし、正直めんどくさいです。

男子にとっては、「おごると言われたらおごられてほしい」というのがホンネです。頑なに割り勘にしようとねばる女性のことを、かわいげがないと思ってしまいます。

それよりも、気持ちよくおごられて、帰り道も翌日もお礼メールをくれるような女性のほうが、また誘いたいと思います。

写真/Shutterstock