リオ五輪バレーボール、全日本女子は11日、五輪連覇中の地元ブラジルと対戦し、0−3のストレートで敗れて、成績を1勝2敗とした。

 前の2戦に引き続き、試合後、元全日本の杉山祥子さんに振り返ってもらった。

【profile】
杉山祥子(すぎやま・さちこ)
全日本のミドルブロッカーとして、アテネ五輪・北京五輪に出場。グランドチャンピオンズカップでは銅メダルを獲得。Vリーグで7度のベスト6をはじめ、ブロック賞3度、スパイク賞、敢闘賞のキャリアを誇る。スピードのある多彩な攻撃と固いブロック力に定評があった。2013年引退後は各メディアで解説をしている。

―― 相手が五輪王者といえ、ストレート負け。厳しい戦いでした。

「予想はしていましたが、やはり厳しかったですね。第1セットの入りは8−4と差をつけて、理想的だったのですが、その後じりじりと追いつかれてしまいました。中盤の14−13から、サーブミスした後に、スパイクミスがあったりと、自分たちのミスで相手に追いつかれてしまい、さらに連続失点。(フェルナンダ・)ガライ(・ロドリゲス)にブロックされたのもききました。

  気になったのはチャンスボールの返球ミス。この前の試合でも何度か見られましたけど、直接の失点にはなっていなくても、返球が長かったり短かったりで、本当だったらAパス(セッターが動かずトスが上げられる位置へのパス)からコンビを組み立てなければいけないのが、仕掛けられずに『もったいないな』と思いました。チャンスボールは絶対にセッターにいい球を返さないといけません」

―― スターティングメンバーに、この試合からセッター田代佳奈美選手が起用されました。

「田代はカメルーン戦で非常によいトス回しをしていたので、これは納得の起用でした」

―― 第2セット石井優希選手に代えて、鍋谷友理枝選手を投入しましたが。

「石井は今回サーブで狙われていましたから。そういう意味での交代だったと思います。鍋谷も2セット目に入って自分の役割をしっかり果たしてくれていたと思います。ちゃんと試合に入る準備していたなと。もちろんサーブもよかったし、スパイクを決めた後の、チームを鼓舞し、盛り上げるようなガッツポーズもよかったですね」

―― この試合も途中から迫田さおり選手がコートに入りました。

「すごく迫田らしい思い切ったいいスパイクが見られたと思います。第1戦、第2戦から引き続きサーブもよかったですし、後発で入った時の集中力には目を見張りました」

―― 交代選手が活躍しても、第2、第3セットはブラジルにリードされる展開が続きました。

「連続失点が気になりましたね。2セット目、6−5でリードしていてからの5連続失点。逆に日本は、なかなか連続ブレイクが取れなかった。1本でサイドアウトを切られていた。荒木絵里香のブロックがあったり、ラリー中にミドルの攻撃があったり、いいところもあったんですけど、連続得点につなげられなかった」

―― 第3セットはどう見ましたか。

「何とか2点差でついていきながら、我慢して我慢して鍋谷のサーブでの5連続ポイントで『行けるかも』と思わせたのは、眞鍋(政義)監督が悩みながら選んだ鍋谷がそれに応えましたね。

 ただ、長いラリーの最後に木村沙織がいいスパイクを打ちきって『波に乗れる!』と思ったのですが、自分たちでサーブミスをしてしまって、なかなかその波をつかみきれなかったなと思いました」

―― 全体を振り返っていただけますか。

「日本が掲げてきた『4つの世界一』、サーブ・サーブレシーブ・ディグ(スパイクレシーブ)・ミスの少なさ、これが王者に相手にどうだったかというと、十分出し切れなかったように思います。

 ブラジルはバックアタック2枚であったり、厚い攻撃を仕掛けてきて、その対応に苦しみました。やっぱりサーブなんですよ。サーブで相手を乱せれば、万全でない状態で打たせることができる。サーブレシーブがきれいに返ってしまうと、どこからでも打ってこられるので手の施しようがない。

 逆に日本がサーブレシーブをちゃんと拾って、いいコンビで攻撃しても、ブラジルのブロックとディグの関係が組織的にしっかりしていて、簡単には決めさせてくれない。

 やっぱり『4つの世界一』、目標には達成できていなかったかなと思います。

 もうひとつ、ナタリア(・ペレイラ)のフェイントに対応できなかったのが気になりました。韓国戦でもフェイントにやられていましたよね。ここはすぐに修正してほしい」

―― 次のロシア戦(日本時間8月13日8時30分〜)に向けて、どうしましょう?

「強いですし、高さもありますし、ロシア戦......どうしましょうか(苦笑)。ただ、高いだけの相手ではない。ブラジル戦と同様、粘ってつないで、切り返して点を取る。中一日で切り替えて欲しいですね。

 今回の試合、荒木のポイントがクイックもブロックも増えてきたのは好材料。ミドルを使うこともこのまま継続してほしい」


 サーブの時には会場中からわき起こるブーイングで、アウェイの洗礼を受けた日本。ストレート負けではあったが、セッターが田代に代わったことでミドルブロッカーの攻撃が増えたり、ベテラン荒木が調子を上げてきたりと収穫もあった。ロシアとは今年のワールドグランプリでも互角の戦いをしているので、何とか勝ちき切って、グループ予選をひとつでも上位で抜けてほしい。

中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari