1分で出来る!ヒジ&ヒザの黒ずみを「ニベア」で撃退する方法

写真拡大 (全3枚)

肌見せする機会が増える夏は、日焼けに脱毛に、気になることが多いですよね。

中でも、普段気付きにくい“ひじ”や“ひざ”の黒ずみは、思っていた以上に黒ずんでいた……!なんて人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、プチプラアイテムの“ニベア”を使った黒ずみケアを、エステティシャンの筆者がご紹介します。とっても簡単なので、ぜひ試してみてくださいね。

■ニベアを使った簡単!黒ずみケア

お風呂上りにニベアで保湿を続けるだけでも黒ずみが解消された、という口コミも多数ありますが、今回はより効果が期待される“ニベアスクラブ”をご紹介します。

【用意するもの】

ニベア、エプソムソルト(なければキッチンにある砂糖でOK!)

■ニベアスクラブの作り方

ティースプーン1杯ずつ、ニベアとエプソムソルト(または砂糖)を混ぜます。

エプソムソルトは入浴剤として使う以外にスクラブとして使うことができ、塩に似ているので“ソルト”という名前がついていますが、硫酸マグネシウムの結晶です。また、砂糖は食品なので、肌につけてももちろん安心。グラニュー糖は粒が細かすぎるので、普通の白砂糖がオススメです。

■黒ずみ部分をやさしくマッサージ

ニベアスクラブを黒ずみの気になる部分に塗って、優しくマッサージをします。

強くやり過ぎたり、長時間やり過ぎたりすると、かえって肌に負担がかかってしまいます。また、黒ずみを早く取りたいから、と毎日やるのもやり過ぎです。スクラブは週に1〜2回にとどめておきましょう。

マッサージ後は濡らしたコットンで拭き取るか、水で洗い流します。スクラブが肌を柔らかくし、ニベアの保湿成分でしっとりしますよ。

この時点でつるつるですが、ダメ押しで、更にニベアで保湿をしたらお手入れ完了です!

黒ずみは、ひじやひざをついたり、タイトなジーンズやパンツがこすれたり、摩擦によるものが大きな原因です。黒ずみケアと同時に、黒ずみを作る原因を見直して、真っ白なひじ&ひざを作っていきましょう。

【筆者略歴】

坂本 雅代 ・・・ 国際中医薬膳師/中医薬膳師/リフレクソロジスト/骨気小顔管理士。これまでに男女延べ1万人以上を施術。現在はサロン経営、エステ講師、美容ライターとして活動中。