花火大会で彼女と密かにしたいイチャイチャ4つ(photo by nataliakabliuk/Fotolia)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】度を越えたカップルのイチャイチャは、周りからの冷たい視線が刺さります。自分達の世界に入り込んでしまうと、周りが見えなくなってしまいがちなので、イチャイチャするのなら、場所と周りの目に気をつけましょう。今回は、そんな花火大会でのイチャイチャのボーダーラインをご紹介。早速見ていきましょう。

【他の記事を見る】長続きカップルの「意外な共通点」5つ

♥人が少ない穴場でキス


人込みの中でキスをするのは、周りを気にしなさすぎでムードがありませんよね。

キスをするなら、人が少ないような穴場スポットで、一緒に花火を見ながらしましょう。

誰にも邪魔されずに、二人で花火を見ながらキスしてイチャイチャするなんて、最高ですよね。

ロマンティックなムードに気分も高まるので、いつもよりもお互いに積極的になれたりするもの。

また、浴衣を着て行けば、いつもとは違う魅力的な姿に、彼はますますあなたに惚れちゃいますよ。

♥手を繋いだり腕を絡ませたりする


あまりにベタベタしすぎると周りからの冷たい視線が突き刺さります。

そんな時は手を繋いだり腕を絡ませたりしましょう。

これなら、人が多いから、はぐれないように守っているように周りには見えるので人の目も気にせずイチャイチャできるはず。

特に腕を絡ませるのは、変な目で見られず、かつ彼と密着できちゃうのでオススメですよ。

♥食べ物を半分こする


浴衣を着ていると、お腹が苦しいのであまりがっつりご飯などを食べることができないですよね。

そんな時は、彼と食べ物を半分こしながら食べちゃいましょう。

お互いに一つの食べ物を共有するのは、周りから見てとても微笑ましい光景です。

これなら過度にイチャイチャしている印象を周りに与えないでしょう。

また、たまに彼が箸やスプーンで取っている食べ物を横でぱくっと食べて食いしん坊な彼女アピールするのも、可愛くてオススメですよ。

♥後ろからハグされる


彼が後ろからハグする、バックハグもオススメです。

混雑している時なら、周りもあまり見ていないのでバレにくいので、人混みに紛れて彼に後ろからハグされちゃいましょう。

また、花火が打ち上がり始めて、みんなが夢中になっている時もオススメですよ。

いかがでしたか?

恋人とのイチャイチャは、お互いが優しい気持ちになれたり、癒し効果もあるので、とても大切なスキンシップです。

ご紹介したイチャイチャを参考にして、彼と花火大会で素敵な思い出を作りましょうね。(modelpress編集部)