絶対に試してから!「マッサージチェアを買って後悔しない」選び方のポイント

写真拡大

「疲れがたまった体を自宅で簡単にほぐせたら…」そんな時はマッサージチェアがオススメです。医療器としても使われるマッサージチェアは、それなりのものを選べばとても高価な買い物となりますよね。しかし、どうせ高いものを購入するならしっかりしたものを選びたいもの。おじい様やおばあ様にプレゼントするなら、なおさらですよね。そこで、この記事ではマッサージチェアを2代目まで使い倒した筆者の経験を踏まえて、「後悔しないマッサージチェアの選び方」をご紹介します。

■ マッサージチェアを選ぶ前に

マッサージチェアを選ぶ前に、まず以下のことを確認しておきましょう。

◎ 体の症状に適したものを選ぶ

おそらく、マッサージチェアに興味を持っていらっしゃる方は、肩こりや腰痛などの症状に悩んでいることでしょう。その症状の緩和に適したものを選ぶ必要があります。例えば、腰痛に悩みがある方なら、腰回りの機能が充実しているものに注目すべきです。あれもこれもと目がいきがちなので、しっかり的を絞りましょう。

◎ メーカーが得意とする部分を知る

実は、メーカーにも個性があり、特性が異なります。強さや施術範囲の広さ、もみや叩きのバリエーション、得意とする部位などです。

◎ カタログスペックだけではわからない

以上の2点から、他の家電製品のように単純にカタログスペックだけで機種を選ぶことはできません!実際に座ってマッサージを受け、試してみることが重要です。実際に座ってマッサージを受けてみて、自分の症状が解決されるか試すことが大切!

■ 実際に試してみよう!

◎ 家電量販店に行こう

大きな家電量販店に行くと数台のマッサージチェアが置いてあり、マッサージを受けることができます。実際にマッサージを受けて、自分の症状に合うかどうか試してみましょう。また、家族も使うのであれば、家族にも受けてもらい、合うかどうかを聞いてみるとよいでしょう。

◎ セールストークをじっくり聞こう

家電量販店でマッサージを受けている間は、店員によるセールストークも受けることになります。大きめの量販店では各メーカーから1名以上派遣されており、その機種の周辺にいます。この時、ご自分の症状やどのようなマッサージを希望するかを伝えると、適切なメニューを選択してくれます。大体1回15分くらいですが、ゆっくりマッサージを受けながら、詳しい話を聞き、質問をするといいでしょう。

◎ 複数メーカーを試す

前述のように、メーカーにより特性が異なります。そのため複数メーカーの機種を試すと違いがわかりやすくなります。

■ おススメ機種の特徴

◎ 一度は試しておきたい3つのメーカー

フジ医療機、ファミリー、パナソニックの3メーカーは、マッサージのレベルも高く、個性が異なるので一通り試してみるといいでしょう。

◎ 試すなら20万円以上の機種

マッサージチェアは実売で大体20万円以上の機種とそれ以下で性能が大きく異なります。そのため、しっかりしたものをと考えるならば、20万円以上の機種をおすすめします。しかし、特に最新機種である必要はありません。新しいモデルが出ると旧モデルの価格は下がるものですが、ここ数年、新旧フラッグシップモデルの性能差はあまりないと感じることも。最新の最上位機種で大体40万円弱ですが、1世代か2世代前のフラッグシップモデルであれば、値引きも大きくなっており、20〜30万円くらい、場合によっては20万円を切る価格で購入できます。各メーカーのフラッグシップモデルかその下位機種であれば、十分満足できるでしょう。

◎気に入ったものがあれば「ネット」でお安く購入!

家電量販店でお気に入りのマッサージ器が見つかったら、それと同じものをネットで検索してみましょう!ネットで購入すれば最安値で購入できたり、ポイントもついたりととってもお得です。

■ マッサージチェアで毎日快適に過ごしてみては

筆者は長年腰痛に悩まされてきましたが、マッサージチェアは高額なため、購入をためらっていました。しかし、実際に使いはじめたら本当に購入して良かったと実感しました。特に、ここ最近の機種は性能も高く、人によるマッサージにまさるとも劣らないレベルになっています。筆者の場合、2つとも10年近く使用してきました。10年間、整骨院やカイロプラティックで施術料を払ったり通ったりする手間暇を考えれば、多少値段が高くても十分元が取れますよ。まずは一度お店で体験し、お得なネット購入をすることで、気軽にマッサージチェア生活をはじめてみてはいかがでしょうか。

(image by 足成)
(著&編集:nanapi編集部)