写真提供:マイナビニュース

写真拡大

みんなのウェディングは8月10日、「結婚後の帰省」に関する調査の結果を発表した。同調査は7月14日〜28日、帰省する実家のある20〜40代の既婚者390名を対象にインターネットで行われた。

「今年の夏休みにおける帰省の有無」を聞いたところ、80.8%が「帰省する」、19.2%が「帰省しない」と回答した。

「帰省する」と回答した人に「夏休みの帰省先」を質問すると、「妻の実家のみ」(24.2%)が最多となった。次いで「夫の実家の後に妻の実家」(20.5%)、「夫の実家のみ」(19.7%)、「妻の実家のあとに夫の実家」(16.4%)となった。

「帰省の期間」をみると、28.3%で「0泊(日帰り)」が最多だった。次いで「1泊」(25.1%)、「2泊」(23.7%)、「3泊」(14.6%)、「4泊以上」(8.3%)となった。

「帰省時の手土産の金額」を質問すると、最多は「2,000〜3,000円」(35.4%)だった。以降「1,000〜2,000円」(31.0%)、「3,000〜4,000円」(11.8%)、「〜1,000円未満」(6.9%)となった。

「帰省時における手土産の購入先」を聞くと、「デパート(百貨店)」(70.5%)が最も多くなった。次いで「ショッピングモール」(16.9%)、「ターミナル駅」(15.0%)。以降「スーパー」(12.8%)、「高速道路のSA・PA」(11.2%)と続いた。