昨年10月以降、大阪の関西国際空港行きの特急列車で外国人観光客のスーツケースが盗まれるという事件が多発しており、警察は警備を強化している。

写真拡大

昨年10月以降、大阪の関西国際空港行きの特急列車で外国人観光客のスーツケースが盗まれるという事件が多発しており、警察は警備を強化している。また、今年4月には窃盗犯が台湾からの観光客の荷物を奪おうとしたところを、警官がその場で逮捕した。新華網が伝えた。

【その他の写真】

容疑者の男性(34)は住所不定で無職。供述によると、犯行の際は列車内で見るからに高そうなスーツケースを狙っていたとのことで、盗んだスーツケースの中に入っていた電化製品などを売って生活費にしていた。

警察の調べによると、この男性が日本を訪れる「爆買い客」を狙った犯行は18件で、被害総額は約420万円に上る。犯行が行われた鉄道路線を運行する会社は、「今後はさらに警備を強化し、このような事件の発生防止に努めていく」としている。(提供/人民網日本語版・編集/JY)