夏はニオイが気になる!クサいと思われない体臭対策、3つ

写真拡大

暑い季節は体臭が気になりますよね。とくに脇や頭皮のムワンッとした臭いには、思わず気分が滅入ってしまいます。

そんな困ったカラダのニオイを解決するための、とっておきのケア方法を3つご紹介します。体臭をしっかりケアして、快適に夏を過ごしましょう! 
頭皮のニオイの原因と対策
頭皮はカラダの中で最も皮脂が多く分泌される箇所。雑菌のエサとなる皮脂が多いということは、それだけ臭いが発生しやすいのです。

­

そんな頭皮のニオイを解決するためには、毎日のお風呂でシャンプーやコンディショナーをしっかり洗い流すということが大切です。トリートメントは頭皮につけないないようにして、毛先中心にケアするようにしましょう。毛穴に洗い残しが詰まると、血行不良を起こしたり、雑菌やカビを増やしてしまう可能性があるのです。

­

また、お風呂上りはすぐに髪を乾かすようにしましょう。頭皮が塗れたままだと、雑菌が繁殖してしまうため、すぐにドライヤーで乾かすようにして下さい。
ワキのニオイの原因と対策
汗じみと共に服についてしまうワキのニオイ……その原因は、汗と皮脂によって繁殖した雑菌です。わきは汗をかきやすく、量も多い場所。そして、毛穴から分泌される皮脂が衣類につき、汗と混ざり合うことで雑菌が繁殖します。そのため、衣類から雑菌臭がすることもあるのです。

­

ワキのニオイを解決する方法は、汗や皮脂をこまめに拭き取ること。汗拭きシートを使って、日中トイレに行った時などに、こまめに拭き取るようにしましょう。また、衣類は部屋干しではなく、晴れた日に太陽の下で乾かすのがベスト。そうすることで、衣類自体の雑菌の繁殖を抑えることができ、雑菌臭も防ぐことができます。

­

ワキのニオイは、遺伝の場合も少なくありません。親族に同じような悩みを抱えている方がいる場合、「ワキガ」などの遺伝的な病気である可能性が高いため、心当たりのある方は皮膚科や美容外科に相談するようにしましょう。
デリケートゾーンの臭いの原因と対策
トイレに行った時にムワ〜っと広がるニオイの正体は、ワキのニオイとほとんど同じで、雑菌の繁殖によるもの。デリケートゾーンは汗やおりものによってムレやすく、雑菌が繁殖しやすい場所です。とくに、タンパク質が豊富なおりものは、雑菌が繁殖する時のエサとなってしまいます。さらに、尿などのアンモニアと混ざり合うことで、悪臭を発生してしまうのです。

­

こうした体臭を防ぐためにも、デニムなど密封されやすい厚手のパンツやタイツを着るのは避けましょう。デリケートゾーンへの通気性が悪くなり、ムレを悪化させて雑菌を増殖する原因になります。

­

また、デリケートゾーンは毎日、専用石鹸で洗うのがオススメです。しっかり泡を立て、やさしく撫でるように洗いましょう。低刺激の自然素材を使ってつくられた石鹸を選ぶようにしてください。専用の拭き取りシートも市販で売られているため、日中こまめに拭き取っておくことも大切です。デリケートゾーンはいつも清潔に保つことを意識して。

­

いかがでしたか?しっかりケアして、体臭を気にせず、すっきり爽快に夏を乗り切りましょう!

­

<プロフィール>

宮村さき

美容ライター/コスメコンシェルジュ

外資系コスメの元トップ販売員。売上1位の実績から、スタッフへのスキンケア研修なども行う。コスメコンシェルジュの資格を取得後、美容コンテンツ制作会社へ入社。編集業務に従事する傍ら、自身の経験を活かした美容テクニックをコラム等で紹介している。

­

写真© kei907 - Fotolia.com