ボーダーは着ない!マツコも納得「ローラに学ぶオシャレ」ルール3つ

写真拡大

流行の最前線を歩むモデルたちの中でも、飛び抜けたファッションセンスを持つモデルのローラ。自身のコーデを毎日Instagramにアップしているローラには、どうやら独自のセンスを貫くための“マイルール”が存在するよう。

先日放送された『マツコの知らない世界』(TBS系)にゲストとして登場したローラは、「毎日新しい自分でいたいから同じコーディネートは絶対にしない」と断言、これまでInstagramにアップした約900枚ものファッションコーデを披露。

今回はその放送から、ローラがこだわるオシャレの“マイルール”をご紹介します。

■ルール1:「全身ハイブランドはダサい」

いつもオシャレなローラですが、身につけているものは全てが高級なブランド品ではないよう。むしろ、ハイブランドとファストファッションのアイテムを組み合わせることがオシャレのポイントなのだとか。

過去Instagramにアップしたコーデの中から選んだのは、『PRADA』のバッグに『H&M』のトップスを合わせるなどの見事な“ハイ&ロー”コーデ。

番組内では「“ローラしか似合わない”と言われるのは嫌」と発言し、「服が似合うように痩せたり髪型をアレンジするなど努力をすればそれぞれの個性が出る」と独自の考えを披露。

完璧なスタイルを持ち主と思われる彼女ですが、実は165cmとモデルとしては高いといえない身長をコンプレックスに感じているそう。しかし、コンプレックスにただ悩まされることはやめ、背が高く見えるような組み合わせを考えるなど日々研究しているのだとか。

I bought a lot of 🌱yesterday😁 #しょくぶつ #🌿 #🌵 #🌾

ROLAさん(@rolaofficial)が投稿した写真 -

■ルール2:「撮影現場こそキメていく」

オシャレで素敵なモデルたちですが、それは撮影の間だけ……ということも少なくないよう。

私服がダサかったり、プライベートではさほどオシャレをしなかったりするモデルもいる中、ローラは撮影現場に行くだけでもファッションに抜かりなくバッチリキメて臨むのだそう。

どんなときでもオシャレに手を抜かない姿勢だからこそ、誰にも負けないセンスを身につけられたのでしょう。

■ルール3:「ボーダーは着ない」

そして、今回マツコが衝撃を受けていたのがこの「ボーダーは着ない」という発言。

ボーダーの服は、いまや誰もが1着は持っているような定番中の定番アイテム。プチプラやファストファッションのブランドはもちろん、高級ブランドでさえボーダーアイテムをこぞって売り出していますよね。

でもローラは「ボーダーを着ればオシャレに見えるけど、逃げている感じがする」という独自の見解で、一切着るのをやめたそう。

これには聞いていたマツコ・デラックスも驚きながら、深く納得した模様でした。

楽しみながら自分らしさをアピールするローラ。コンプレックスをものともせず、どんな時でもオシャレに手を抜かず、常に新しいオシャレにチャレンジする精神は、私たちも真似したいですね。

【画像】

※ BEVERLY HILLS, CA - NOVEMBER 05:  Model Rola (L) and DJMOS attend a private dinner hosted by Farfetch, Erica Pelosini, Angelique Soave & DJ Kiss to celebrate Farfetch in LA on November 5, 2015 in Beverly Hills, California.  (Photo by Donato Sardella/Getty Images for FarFetch)