リアルなゴミを捕まえよう!スイスの若者がはじめた「ポケ廃棄物GO」に世界中から共感の声

写真拡大

世界中で人気の衰えないポケモンGOにインスパイアされた、スイス発のエコゲームPokédéchets GOが、世界の共感を呼んでいる。

野放しのゴミを捕まえて写真を投稿

世界中の人々がポケモンを追って街にあふれているなら、野放しになっているゴミを捕らえ、撮影し、投稿できる場を提供すれば、街はあっという間にきれいになるのでは。

友人が投稿した空き缶の写真を見てひらめいた24歳の若者がスタートしたFacebookページPokédéchets GOは、1週間で7000の「いいね」を獲得。

日本からブルキナファソ、ケベックまで、世界中から毎日30件もの投稿が届いている。

ゲーム感覚で楽しく環境に貢献

Pokédéchets GO

Pokédéchets GO

ルールはシンプルで、外へ出て、戦略を立て、手袋やゴミ袋を用意し、野放しのゴミを追い、写真を撮ってハッシュタグ#PokédéchetsGO または#1dechetparjourをつけて投稿する。

Facebook / Zarthur Findinier‎

Facebook / Zarthur Findinier‎

Pokédéchetsの「déchets」とはフランス語で「ゴミ」を意味し、ポケモンの代わりにゴミが捕まえる対象となる。

Facebook / Joe Verrier‎

Facebook / Joe Verrier‎

「ポケスポット」はゴミ箱となり、「トレーナー」が捕まえたゴミを捨ててゲームは終了。

最良の写真には、音楽配信サービスSpotifyの有料会員登録などの賞品も用意されているが、目標はあくまでもゲーム感覚で楽しく環境に貢献することだ。

Facebook / Mado Loulou Cloé Manon

Facebook / Mado Loulou Cloé Manon

ポケモン GOと同じ感覚で、Pokédéchets GOで環境貢献するのも楽しそう。

Facebook / Pokédéchets GO

Facebook / Pokédéchets GO