長谷部誠が語る「全国高校サッカー選手権大会」…独占インタビュー動画

写真拡大

 日々サッカーに打ち込む高校生たちが、“日本一”の称号を懸けて争う全国高校サッカー選手権大会。「負けたら終わり」というプレッシャーに打ち勝つために、必要なこととは何なのか。主将として日本代表を束ねる長谷部誠が、高校サッカー選手権について語る。

--高校生年代のキャプテンに求められることとは何でしょうか?

長谷部 僕も高校の時はキャプテンをやっていなかったので、それほどアドバイスというのはできないかもしれないですけど。キャプテンということを意識しすぎて、ピッチ外のこともいろいろ考えすぎて、ピッチの中で思いきったプレーができなくなったりとか。そういうことでは本末転倒なので、キャプテンを務める選手たちには、とにかくピッチの上で思いきったプレーをしてほしいと思います。それとともに、もちろんキャプテンという立場でチームのみんなをまとめてほしいですね。「高校サッカー」という時は今しかないので、今という時を思いっきり悔いのないように楽しんでもらいたいなと思います。

--全国高校サッカー選手権大会は「負けたら終わり」の大会です。そうした試合に向けてどんなことを心掛けたら良いでしょうか?

長谷部 「負けたら終わり」というプレッシャーの中で戦うためには、やはり最高の準備をするしかないと思いますね。プレッシャーとか緊張とかそういうものを和らげるには、それまで最高の準備をして、そしてピッチに立つ。そうしたら、少しはそういうものから解放されてプレーできるんじゃないかと思いますね。

--キャプテンとして、「負けたら終わり」という試合への入り方で心掛けていることは何ですか?

長谷部 緊張しすぎるのも良くないですし、逆に緩すぎるのも良くない。いい感覚、いい緊張感の中で試合に臨むという、チームの雰囲気というのはもちろん気にします。あとは、とにかくその試合までにやれる最高の準備をすることだけですね。それを常に自分自身に求めますし、それをチームメートにもどれだけ求められるか。それが大事なんじゃないかと思います。

--高校サッカー選手権に向けて日々練習に打ち込んでいる選手に向けてメッセージをお願いします。

長谷部 僕は高校サッカー選手権の全国大会に出られなくて、今でも「出たかったな」と。「あの時こうしていれば良かったな」と思うこともあります。そういう意味で言えば、今、高校サッカーを戦っているみんなには、後悔をしないために、今は本当に仲間とともに一生懸命に戦って、そして楽しんでほしいです。「こうしておけばよかった」と思うことがないような戦いをしてほしいなと思います。

長谷部誠 特集トップへ戻る