医師・僧侶の田中雅博氏

写真拡大

 2014年10月に最も進んだステージのすい臓がんが発見され、余命数か月であることを自覚している医師・僧侶の田中雅博氏による『週刊ポスト』での連載 「いのちの苦しみが消える古典のことば」から、宗教裁判で異端と判決され、火炙りの刑にされたジョルダーノ・ブルーノの「私を裁くあなた達が、真理の前に恐怖に震えている」という言葉の意味を紹介する。

 * * *
 ローマの話は今回で2回目です。ローマ教皇庁のあるバチカンと、古代ローマの遺跡フォーラムのほぼ中間にカンポ・ディ・フィオーリ(花の広場)があります。バチカンから歩いて10数分ですが、ここにバチカンを睨む形でジョルダーノ・ブルーノの銅像が立っています。

 ブルーノは、バチカンからカンポ・ディ・フィオーリまで歩くほぼ中間にあるサンタンジェロ城の牢獄に7年間投獄された後、宗教裁判で異端と判決され、1600年にカンポ・ディ・フィオーリで火炙りの刑に処せられました。処刑の執行官に対して「私を裁くあなた達が、真理の前に恐怖に震えている」と言ったことが伝えられています。

 ブルーノはコペルニクスに続いて近代科学に通じる宇宙論を提唱した人として有名ですが、ブルーノもコペルニクスも科学者ではなくウマニスタです。ルネッサンスのウマニスタはギリシャ・ローマの古典を研究した人々で、これが現代語のヒューマニズム(人文学)という言葉のもとになりました。

 ブルーノの著作『無限、宇宙と諸世界について』等に書かれている内容は、ガリレオが行なったような実験や観察の結果ではなく、アリストテレスの批判などからなる、近代科学が捨ててしまった思弁です。ブルーノはカトリックのドミニコ会修道士でしたが、カトリックとプロテスタントのどちらにもつかず、さらにグローバルな立場から両者を批判しました。

 ガリレオは、ブルーノの火刑の10年後に『星界の報告』を出版しました。この著作は望遠鏡による詳細な観察記録であり、コペルニクスやブルーノの著作とは違って、近代科学の特徴を具えています。

 ガリレオも宗教裁判を受けましたが、同じ大学の教授選を競ったこともあるブルーノの火刑を知っていたので、ガリレオは自説を撤回しました。「間違っていました」と言って自己の命の価値を優先したことは、「間違いを検証する」そして「価値を捨てる」という近代科学の誕生を象徴したできごとです。

 ブルーノは、ガリレオと違って、火刑を恐れずに自説を撤回しませんでした。前に書いたソクラテスの裁判の場合との共通点が認められます。ソクラテスは、彼が戦場で命の危険が迫っても持ち場を離れなかったように、「死刑になるからといって哲学をやめることはない」と言いました。

 彼の哲学は、彼にとって「自己の命を超えた価値」、すなわち宗教だったのです。 ブルーノにとっても、ブルーノの宇宙論に基づく哲学は、彼自身の命を超えた価値、宗教だったのです。

 1979年にローマ教皇ヨハネ・パウロ2世が、過去の教皇庁の誤りを正すという目的で、ブルーノ裁判も再検討し、ブルーノの異端宣告は取り消されました。

●たなか・まさひろ/1946年、栃木県益子町の西明寺に生まれる。東京慈恵医科大学卒業後、国立がんセンターで研究所室長・病院内科医として勤務。1990年に西明寺境内に入院・緩和ケアも行なう普門院診療所を建設、内科医、僧侶として患者と向き合う。2014年10月に最も進んだステージのすい臓がんが発見され、余命数か月と自覚している。

※週刊ポスト2016年8月19・26日号