第2子を出産した友利新(C)モデルプレス

写真拡大

【友利新/モデルプレス=8月12日】医師でタレントの友利新(38)が12日、第2子を出産したことを発表。同日、自身のブログで8日に第2子となる女児が誕生したことを報告した。

【さらに写真を見る】友利新、妊娠中のふっくらお腹

ブログでは「私事でたいへん恐縮ですが、8月8日に第二子となる女の子を出産しました」と発表。予定より2週間ほど早い出産となったが「急ではありましたが、主人も息子も出産に立ち会うことができ、新しい家族を皆で迎えることができました」と伝えた。

◆NICUへの入院…


また、この時期の発表については「出産翌日から娘の血性嘔吐が続いたので、NICU(新生児集中治療室)へ入院をし、点滴などの処置をしていたため」と説明。それでも、現在は「娘は無事NICUから退院し、母乳を勢いよく飲むようになり、ほっと胸をなでおろしているところです」と語り、安堵した。

2度目の出産となった友利は「初産の時よりも、分娩室にいる時間は半分で済みましたので、入院から出産まであっという間の出来事でした」と回顧し「無事に生まれてきてくれた娘の元気な顔を見ると、胸がいっぱいになります」と感激しきり。

新しい家族を迎えて「これから始まる息子と娘、2人の育児に気を引き締めつつ、私らしく楽しんでいこうと思います」と決意をつづった。

2014年7月に第1子男児を出産した友利は、今年5月に行われた「第9回ベストマザー賞2016」授賞式にて、第2子の妊娠を発表。壇上のスピーチでは「第2子を妊娠していて、このタイミングで賞をいただくことができ嬉しいです」と喜びを語っていた。(modelpress編集部)