写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ユニアデックスは8月12日、米Nuage Networks(ニュアージュ)のSDN(Software-Defined Networking:ソフトウェア定義型ネットワーク)の概念や技術をWANに応用した形態の総称であるSD-WAN(Software-Defined Wide Area Network)ソリューション「Nuage Networks VNS(Virtual Network Services)」の販売および24時間365日の保守サービスの提供を開始した。

Nuage Networks VNSは、インターネットを含む多様なネットワークの通信品質を保持しつつ、セキュリティレベルの高いWAN環境の構築を実現するほか、多数拠点のネットワークの一括管理が容易なため管理者の運用負荷を軽減することができ、コスト削減にもつながるという。また、迅速なネットワーク環境構築やトータルコストの削減に加えて、クラウド化に対応した大規模で付加価値の高いWAN環境の提供を可能としている。

同製品の特徴として品質を確保したネットワーク転送、拠点増加/設定変更やネットワーク接続を一元管理することによるコスト削減、セキュリティ強化の3点が挙げられる。

品質を確保したネットワーク転送は、拠点ごとの回線状況に基づいたネットワークを選択し、データを転送。これにより、従来のネットワーク機器に比べ、廉価な回線やLTE(Long Term Evolution)などの携帯電話回線など、複数のネットワークを束ねることができるため、利便性を高めつつ広帯域で品質を確保したネットワークを提供するという。

拠点増加/設定変更やネットワーク接続を一元管理することによるコスト削減については、各拠点の管理者はWAN回線を収容するルータ「NSG」の設置と設定時間を短縮する機能により、ネットワークの専門知識がなくても導入・構築が行えるため、拠点増加や設定変更時に要する運用・保守費用のコストが削減できる。また、複数拠点のネットワークを1つの管理画面から操作が可能なため、国内だけでなく海外拠点とのネットワーク接続も容易にでき、一元管理を可能としている。

セキュリティ強化に関しては、すべてのNSGの管理情報をユーザーのデータセンターやサーバ内に設置したネットワークの制御を行う「VSC」とネットワークの管理とそのほかの既存環境と連携する「VSD」により、すべて一元的に管理/制御し、高いセキュリティーレベルを実現。センター側で特定の通信のみをセキュリティー機器に迂回させるサービスに加え、特定通信(VoIPやビデオなど)の制御を拠点間だけで実現することも可能だという。

ユニアデックスでは、同製品を大企業やグローバル企業、サービス事業者をはじめとした業界・業種に向けに3年間で100システムの導入を目指す。

(岩井 健太)