手荷物搭載せず羽田空港出発、ANAがお詫び

写真拡大

全日空は8月12日、羽田空港を出発する一部の便で、手荷物を搭載できないケースが発生したことを謝罪している。

公式サイトに掲載されたお詫びでは、「本日07:00ごろ東京羽田空港の手荷物搬送に関わる施設に不具合が発生したため、東京羽田空港を発着する便に遅延が発生いたしました。また、東京羽田空港を出発する一部の便でお預かりした手荷物をご利用便に搭載できない事案が発生しております。ご利用のお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます」と説明し、謝罪した。

なお、現在は不具合は解消。搭載できなかった荷物は別の便に積み込み、12日中に乗客のもとに届けられるよう手配しているという。

このトラブルを巡っては、12日午前中よりTwitterなどで大きな騒動となっており、現地の情報が拡散。不具合は手荷物を流すベルトの故障で、手荷物を搭載しないまま飛行機が出発、到着時に「手荷物が来ない」と乗客が大混乱する事態となったようだ。

また、北海道で開催される音楽フェス「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016」に出演するアーティストの楽器が届かないといったトラブルも報告されている。