礼節を重んじる美しき日本古来の柔道を体現したのが男子73kg級・大野将平(旭化成)の金メダルなら、豪快で狡猾な新しい時代の柔道をリオの地で提示してみせたのが同90kg級のベイカー茉秋(ましゅう/東海大4年)の金メダルだった。

 決勝の相手は、バルラム・リパルテリアニ(ジョージア)。ここまでの4試合をすべて「一本」で勝ち上がってきたベイカーは、金メダルの賭かるこの一戦でも、落ち着いて攻勢を保った。開始2分27秒に大内刈りで「有効」を奪うと、以降は無理に攻め込むことはせず、「指導2」をもらいながら、巧妙に相手から逃げ、5分の試合時間を使い切った。

 試合終了の銅鑼(どら)が鳴ると、ベイカーは両手を広げ、柔道を始めた日から夢見た金メダルの喜びを表現した。

 リオを訪れていた東海大柔道部の上水研一朗監督は言う。

「アイツは新種の日本人だから(笑)。形にはこだわらず勝ちに徹するんですよ。たとえば、日本人の柔道家には"(ポイントでリードしていても)最後まで攻め抜く"という美学があるでしょ? アイツの場合は、『最後まで攻めて投げられたらバカじゃないですか』と考えるタイプ。現行のルールでは、有効を奪ったら、指導を3つもらっても勝つことができる。勝つことに対する執念は、感心します。反対に、先にリードされたら、徹底して相手を追い込んでいきます」

 まさにベイカーの執念が勝利に結びついたのが準決勝のチェン・シュンチャオ(中国)戦だった。残り時間1分となって不可解な「指導」がベイカーにわたった。直後、大内刈りで「有効」を奪い、そのまま横四方固めで抑え込んだ。

 上水監督は、そもそも初戦の時点でベイカーの金メダルを確信していた。

「朝に(男子監督の)井上康生と会うと、『大丈夫ですよ。朝からステーキ食べていましたから』と。初戦(2回戦の)の試合を見ても、大内から背負い落としなんて、見たことがないです。オリンピック最初の試合で、これまで使ったことがない技で勝った。大舞台で血が騒ぐのでしょう」

 ベイカーも「すごく調子がよかった」と1日を振り返る。今年に入って両肩を脱臼したが、その状態も問題がなかった。

「7月に入って、炎症が引いて状態が良くなってきて、それと同時に調子も上がっていきました。ただ、決勝戦の前は、緊張で3回も嘔吐しましたね」

 朝からステーキを食べれば、そりゃあ胃ももたれるはずだ。動揺はなかったのだろうか。

「いや、むしろ体が軽くなりました(笑)」

「超」のつく天然児のベイカーが柔道を始めたのは6歳の時だった。その年(2000年)、シドニー五輪の100kg級をテレビで観戦し、鮮やかな内股「一本」で金メダルを獲得した井上康生に憧れた。当時の映像と自身が受けた衝撃はいまだに脳裏に焼き付いている。16年の時を経て、ベイカーは井上と同じ東海大4年生で世界の頂点に立った。

「井上先生の内股のように格好よく終わりたかったんですけど、なかなかできなかったです。でも、金と銀では全然違うということは、すごく分かっているので、その気持ちがポイントを取ってからの試合運びに出てしまったという感じです。母子家庭で育ってきたので、女手ひとつで僕を育ててくれた母に勝って恩返しをすることが、五輪という最高の舞台でできたのが本当にうれしい。僕にはこれくらいしかできないので」

 9月25日に22歳となるベイカーは、4年後の東京五輪も視野に入る若手世代だ。金メダリストとして、これからの日々は東京五輪での連覇という重たい期待を背負うことになるだろう。

「この大会のために精一杯頑張ってきたので、正直、東京は頭にはないです。まだ金メダルの実感もないんですけど、時間が経つにつれて(金メダルは)重いなあと思うようになってきました(笑)。東京を目指すのなら、やっぱり連覇はしたいなあと思う」

 返されることを恐れず技を仕掛ける勇敢さと、ポイントをリードしたらそれを守り抜くしたたかさも併せ持つ。この新種の柔道家は、これからの4年でどんな進化を遂げていくのだろうか。

柳川悠二●文 text by Yanagawa Yuji